お菓子への想い


今日はドゥニ氏のフランス菓子講習会の最終日でした。

パリにお菓子屋さんは星の数ほどあれど、今現在にあっては、本当にきちんとしたお菓子が作れるお店は数えるほどしか残っていないのだそうです。
ドゥニ氏は、そんな貴重なジャンミエ店のオーナーシェフです。

講習会後、ドゥニ氏を囲んでのパーティーにも出席させていただき、朝から夜までフランス漬けでした(笑)



今日教えて頂いたお菓子がこれまた、どれも素晴らしく、到底日本人には想いも及ばないであろう素材の組み合わせなど、「目からうろこ」 でした!
e0199245_2383422.jpg


今日教えて頂いた5品のうち、もっとも感銘を受けたのがこちら、プレイエル
=さまざまなものが、まるで音楽のように調和している=
というところから、パリのピアノ制作会社の名前がつけられてます。

スパイスの入ったビスキュイと、ガルニチュールのイチジクと洋梨、ポワールのババロアと、ショコラクレーム、そのすべてが渾然一体となって調和している美味しさでした❤
e0199245_23194254.jpg



こちらはクルミック
サルタナレーズン入りのブリオッシュ、白桃とブルーベリーのソース添えです。
e0199245_23231664.jpg


このソースがまた季節柄とっても美味しかったです。
e0199245_2325276.jpg



たくさんの刺激をいただいて、今後のお菓子作りに新たなやる気をいただいた一日でした~

ドゥニ氏と弓田先生はじめイルプルのみなさまに感謝感謝。。。

続編は明日に。
by kyaracyako-brog | 2012-08-10 23:29 | ケーキ | Comments(0)