フランス菓子とマクロビのお菓子


ここのところ、嬉しいことがあります。。。

な〜んて、ちょっとしたことなのですが、
毎朝美味しいぬか漬けが食べられることなんです。

なんか、やっぱ日本人なんですね〜
ぬか漬けに対する憧れ?みたいなもんがあって、今までも何度か挑戦したのですが、
なっかなか上手くできなくて、こと半ばでダメにしておりました。。。ハイ

でも、とても美味しいぬか漬けができるようになって、一ヶ月くらいかな〜
毎日玄米ご飯にぬか漬け!
特に今はキュウリが美味しい〜〜♡ 幸せ〜

それもこれも茶会のおかげで♡
先月白崎先生にぬか床の作り方を教えていただいて、
しかも先生の何年も熟成したぬか床を分けていただいてきたおかげで、本当に我が家でも美味しい
ぬか漬けが出来るようになった、、という訳です。

しかも動物性の煮干しとか一切入れずに、九州の無農薬玄米のぬかと水と塩のみ!
驚きです!!
これが乳酸菌の旨味なんですね!

毎日野菜をあれこれ突っ込んで、しかも混ぜなくてよい!いや混ぜてはいけない!
というのですから、ずぼらな私にはぴったりこの上ない!!笑


明日の朝も楽しみですわ〜


さて、お菓子ブログなんで、ぬかの話のみで終わる訳にはいきませんので、、、

いただいた杏のコンポートも残り少なくなって参りました。
最後はタルトでシメたいと思います。
e0199245_19132810.jpg

これは以前のフランス菓子のとは違いまして、
マクロビのお菓子。

無農薬小麦と、葛粉で作ったタルトに、
お豆腐で作ったアーモンドクリーム、てん菜糖で煮た杏ジャムをしきつめ、
コンポートをたっぷり〜〜
そして、寒天でツヤを出しています〜

断面はこんな感じです。
e0199245_19174684.jpg


サックサクのタルトに杏の甘酸っぱさが なんともいえません〜

よく、マクロビのお菓子なら罪悪感がなく食べられる・・・
っていう言葉を耳にしますが、
私はそれはちょっと違うかな〜と思っています。

そもそも心を込めて作られたものは、罪悪感なんて持って食べてはいけないですよね〜
それなら食べない方がよいのでは・・・?

もちろんアレルギーとか病気直しで、乳製品や卵を食べられない方にとっては
マクロビのお菓子は必要でしょうし、甘いもので精神が満たされることもあります。

でも一般の方であれば、
マクロビお菓子なら罪悪感がなく、フランス菓子は食べた後に罪悪感。。
なんてね〜〜悲しい (涙)

私はどちらもいただきますが、どんなときでも、美味しいものは美味しい!
そしてそれを美味しい!と思って食べられる幸せに感謝しています。

今両方のお菓子を勉強していますが、
それはどちらのお菓子も召し上がった方が満足してくださるお菓子を作りたいからです。
どちらも、見た目もそして味も美味しくなくてはね・・・
いくら身体によくっても・・・

そしてやはり体調によって、食べ分けたり、できたらよいですよね!?
(私自身もだんだん生クリーム系は年齢とともにたくさんはいただけなくなりました・・・笑)

というわけで、今日は美味しいご飯をしっかりいただいた後、
マクロビバージョンの杏タルト、美味しくいただきました♡

まずはご飯が基本!
お菓子はそのあと、勉強しなさい!
と、白崎先生の口癖です。 笑

全くその通りですね〜
明日の朝もぬか漬けが楽しみで〜す。
by kyaracyako-brog | 2013-06-24 19:49 | ケーキ | Comments(0)