野菜の声・・・

シルバーウィークですね!
まあまあ天気も大丈夫そうで、よかったです。

昨日は、大阪の友人が親しいお友達を連れて、レッスンに来て下さいました。
共通の横浜のお友達とも再会して、楽しいレッスンになりました。


そして昨日はまたその後のお楽しみもありました。

夕食もご一緒する約束があったのですが、、、
みなさん、野菜の声が聴こえる方達ばかりなので、それならば、、、とご紹介させていただいたのが
こちらのレストランです。


レストランTSUSHIMI 。
私が以前から是非訪れてみたかったお店です。




まあ、そのお料理の素晴らしいことといったら。。。
写真では上手く伝わらないかもしれませんが、自分の記憶にとどめておくためにも、
ちょっとここでご紹介したいです。


e0199245_21511872.jpg


まずは30種類の野菜を干した野菜茶
e0199245_195849100.jpg


e0199245_19591494.jpg

丘わかめ で自家製ツナを包んで・・・

e0199245_2003931.jpg

発酵胡瓜にいくら

e0199245_2025259.jpg

エゴマの実のチューイール


e0199245_204844.jpg

40種類の小さな巨人にはため息〜

e0199245_2055141.jpg

「もってのほか」という菊の花を中心に舞う小花と、海老たち

e0199245_20204637.jpg

とても珍しい根パセリ。ミニ大根かと・・・
ニンジンのピュレや自家製マスタードなどの、ちょっとしたソース使いが絶妙
烏賊が主張せず、名脇役に。

e0199245_20241924.jpg

OMIYAGEと称して紙袋に入ってでてきた、サンドウィッチ
はさんであるのは、タマネギの甘いペーストの上に鎮座しているワカサギなんです。
e0199245_2029552.jpg


このパンの美味しいこと〜

e0199245_2034594.jpg

きのこ7種類とアワビ

器も全てシェフの手作りやプロデュースだそう

e0199245_20364591.jpg

トマトのイデオロギー
トマトとは思えない・・・
こんな小さいひと口サイズなのに、すごく奥深い。

e0199245_20382533.jpg

南部小麦と米粉のパンに、バターと麹、そして自家製クリームチーズ
発酵にこだわった一品。。。

e0199245_204024100.jpg

シマアジにアンチョビのペーストをぬり、金時草のスープをかけていただきます。


そして、加賀蓮根をとことん活かしたひと皿に、マグロを添えて
e0199245_21114056.jpg

e0199245_2112261.jpg

蒸した蓮根に銀杏


そしてここからやっとデザートに
e0199245_21131980.jpg

次郎柿のコンフィチュールに、白カビチーズと桑の実が絶妙〜

森のモンブラン
e0199245_21163774.jpg



最後に魅せる小菓子
e0199245_2119683.jpg

クスミティーとともに。


契約農家さんから送られてくる野菜。
何が入っているかわからないその箱を開けて、野菜を見つめて
どんなふうに料理してもらいたがっているか、野菜の声を聴くのだそう・・・

長いことフランス料理に携わっていらしたシェフですが、あるときから
お肉やお魚がメインで、野菜はほんの付け合わせ程度、、というスタイルに疑問を持ち、
日本には数数えきれない程の美味しい野菜があるのだから、その野菜を主役にして、肉魚を脇役
にしたい、との考えに至り、今のようなお料理に変えたのだそうです。


器、絵画もご自身で手がけられ、本当に多才な方。
気遣い、おもてなしの心がお料理だけでなく、隅々まで感じられる素敵な空間でした。

TSUSHIMI


素敵な素敵なひとときを共有してくれた友人たちにも感謝です。
また他の季節にも、是非訪れてみたいですね。


昨日シェフからいただいたお土産、30種類の野菜を干して発酵させた野菜茶
e0199245_21531325.jpg


昨日の余韻に浸りながら、いただこうかしら。




ここに私のお菓子をのせても。。。なので??
今日はここまでで。 笑
by kyaracyako-brog | 2015-09-21 21:55 | Comments(0)