カテゴリ:イルプルお菓子( 93 )


台風の被害がまた心配ですね。。。

このところの異常気象は目に見えて加速してきていて、この先どうなってしまうんだろう・・・
と、子供世代、孫世代のことを慮ってしまうバアバです。

明日の季節のお菓子のクラスは、交通機関のことも考えて、中止にさせていただきました。
残念ですが、お菓子はまたいつでもできますので・・・



さて今年の「イルプルの一年」のお菓子より、
プラリネとふくよかなコーヒー
e0199245_23211359.jpg


弓田先生らしいお菓子です♪
というのは、

シンプルな組み合わせで、余計なものはごちゃごちゃ入れない。
素材の味がガツンと押し寄せる。
武骨。

あくまで師への尊敬を込めての私の意見ですよ〜〜 笑

砕いたコーヒー豆がまた、いいんです♡

バターとクレームパティシエールと卵黄のボンブを合わせた、ムースリーヌなので、
このくらいのカットがいいかも・・・
たくさんはいただけないですが、濃いめの珈琲とともにいただきたい秋のお菓子です。





先日のシフォン生地ベースのロールケーキ。
また作ってしまいました。
e0199245_23332728.jpg



生クリーム大、大、大好きな友人にプレゼント♡

ただし、彼女ももうご主人様とふたり暮らしになったので(最近私の周りはみんなこのスタイル・・)
たくさんもらっても困るのです。


ロールケーキは、用途に応じて、長くも短くもできるところが、よいところ!!
たとえこのように小さくカットしても、可愛らしくラッピングすれば、それなりに様になるものね。




さてさて、
明日は突然頂いたお休み日。

孫太郎台風(笑)が去った後の片付けでも、しっかりやることにいたしましょ。


今日は朝から卓球の水谷選手のプレイから目が離せず、
危うく仕事に遅れそうになりましたよ。

凄い逆転でしたね〜〜





さて、
今日は、ちょっとしたお礼に何かお菓子を作ってお渡ししたかったのですが、
もらう方も、こうも暑いと、あんまりお菓子も食べたくないだろうな、、、


そこで
作るのもラク、食べるのも食べやすいバナナのシフォンケーキにしました。

e0199245_2321611.jpg


シフォンなら、軽いし、
しかも南国フルーツならば、身体を冷やす効果もあるので、グッドではないでしょうか・・・



しつこいですが、
イルプルのシフォン、実に美味しいのです♡

にっぽんの活躍、やっぱり嬉しいですね〜



さて朝晩吹く風が少し、心地よいものに変わってきました。
やはり立秋過ぎると違いますね。。。


ドゥニ氏の講習会のお菓子、まだ載せていなかったものがありました。
ボケボケです。。。涙

e0199245_23524077.jpg

デュアリテ  二つの味わいが織りなす世界

ふたつとは、コーヒーとチョコレートです。
コーヒーとヘーゼルナッツのフィアンティーヌをしいたダックワーズを土台に、
コーヒーのクリームとチョコレートのクリームが、ビスキュイショコラをはさんで、詰まっています。

今の時期には重く感じますが、冬にはきっと歓迎されるとびっきりのお菓子になることでしょう〜

e0199245_044868.jpg





こちらも、秋のシュー菓子です。

シュルプリーズ・ドゥ・シュー・オ・フリュイ・セック
ちょっとびっくり ナッツのシュー  という意味だそう・・・

e0199245_05163.jpg



中から出てくるわ出てくるわ!
いろんなパーツが・・・

こんな可愛らしいシューに、何工程のパーツが詰まっているのか!
ホント! 作ってびっくり、食べてびっくりのシューでした。 笑



もう少し涼しくなったら、秋のLesson用に試作してみようっと。


今日は暑い中でしたが、一日中クーラーの効いている会場にてお勉強〜
なかなか講義を長い時間聞く、、なんてことは、この歳ではもうなくなっているので、
新鮮でとても刺激になりました。


今月は少し時間の余裕があるので、いろいろやりたかったことに手をつけられて嬉しいなあ♡
娘のツワリもだいぶ落ちついてきましたのでね。

みなさまに心配のお声がけをたくさんしていただいて、本当に感謝です。
ありがとうございました。


e0199245_2358277.jpg


お気に入りの作家さんの器。
鈴木麻起子さんの作品です。

とても美しいブルーで、心が奪われたのですが、
でもブルーって、なかなかお菓子に合わせるのが難しい・・・

それより以前に、これも即買いしたコーヒーカップと、このティーカップ♡
こちらは本当に軽くて持ちやすく、口当たりがとても優しくて、大好き♡

大切に大切に使っています。


今日も最近のお気に入り、Lawny Farmさんのカモミールティーをいれました♡
こんなにフルーティーなカモミールに出会ったのは初めてです。
癒される〜〜


ちょっと色合いがマッチしないけど、トマトのセイボリーとともに。
ナチュラルスイーツで、塩味なので夏でも手が止まりません。笑



実はずっと後になって知ったのですけれど、
鈴木麻起子さんは、ブルーの器でとても有名なのだそう・・・

今はなかなか入手できないとか。。。
出会ったときに、もっと買っておけばよかったな。



e0199245_0185194.jpg

頂き物の岡山の桃。

こちらは極楽寺の手捻り作家の青木浩二さんの作品。

こちらも一目惚れ♡

桃も喜んでる〜〜
(その後、美味しくいただきました)

オリンピック、なんだかんだ言われながらも始まりましたね〜
私は夜中までは見たりしないので、寝不足にはなっていません。


お菓子教室、パン教室とも今月はお休みをいただいています。
なのですが、、、
別の仕事がたくさん引き受けてしまったり、、
お菓子講習会に行ったりと、毎日なんだかんだと出かけています。

暑いですよね〜〜

オーブンもなかなかつける気になれません。。。トホホ


でも先日は次女の誕生日だったので、仕方なく?!(では決してなく!笑)
こんなケーキを作ってお祝いしました。心込めてね♡

e0199245_19271315.jpg


まだ授乳中なので、豆乳やてん菜糖を使って、身体に負担がかかりにくいケーキにしました。

次女は桃が大好物なんです♡
家族のケーキはついつい手抜きになってしまうのですが、汗
それでもとても喜んでくれました。

甥っ子が、貴重な1本のろうそくを、歌を唄い終わるのもそこそこに吹き消してしまって、
おかげで何度も何度もお祝いできました〜 笑





さて、昨日のドゥニ氏の講習会のお菓子のご紹介の続きをさせてください。
e0199245_1939549.jpg


ロリゾン
栗のババロアとカシスの響宴です。

フランスでは、モンブランの中によくカシスを組み合わせたりしますが、
こんな贅沢に使ったお菓子は初めてです!!

ドゥニ氏は、今回特に「素材ありき」ということを重ねておっしゃっていました。

技術は回数を重ねれば上達するけれど、素材だけはごまかせない!

今は見た目に走りがちな洋菓子であるけれど、一番大切なのは、味!!
フランスでも日本でも、食べてガッカリなお菓子がいかに多いことか、、、と。


そんなドゥニ氏のお言葉をもって、今回のお菓子を改めて味わってみたときに
こんなに贅沢に、納得された材料のみを使って作ると、こうなるのね〜〜
と、頷くばかりの私でした。

ドゥニ氏のお菓子には、信念がありますね!

それと、お菓子を作るのが楽しくて仕方がないというお菓子に対する愛情です。


e0199245_19594122.jpg

こちらも♡

チーズケーキ・オ・パンプルムース・ローズ

チーズケーキは、ドイツが発祥の地だそうですが、迫害を受けたユダヤ系のドイツ人とともに、アメリカに渡ったそうです。

でもそれもドゥニ氏の手にかかれば、こんなグラサージュがけのオサレなフランス菓子に♡

上の黄色いサバイヨンは、ピンクグレープフルーツのジュースで作った酸味のあるもの。
土台も、一から作ったパートシュクレをわざわざ砕いてバターと合わせています。

実に重たいのだけれど、(重さがずっしり〜)
食べると爽やかなグレープフルーツの酸味とともに、あっさり頂けるんですよ。


ため息がでしまうほどのこんな贅沢なお菓子ばかり、
一日に5品も!
どどっど〜んと試食に出して下さるので、
若い人ならともかく、私ぐらいの歳だと食べられる訳もないし、無理矢理食べるのも本当にもったいないこと!

なので、夕方になっても暑さ厳しい中、工夫を凝らし凝らし、頑張って頑張って
持ち帰ってきて撮影したのが、この子たちです。 笑

もちろん、出来たてのお菓子もちゃんとお味見させていただきました。
それぞれのお菓子のちょうどよい状態を見計らって、試食を出して下さっているので♡

遠方から参加している師範のお仲間が、持ち帰れないからと、お裾分けしてくれたのをしっかり
頂きましたよん。

e0199245_20361182.jpg

キャピュシーヌ

中に潜んでいるオレンジとプラムの組み合わせが新鮮なチョコレートのムース。
e0199245_20394268.jpg



どれもこれも、どこにもない!どこでも食べられない!感動のお菓子でした。

またアトリエ粉うさぎでも、お伝えしていきますね。
お楽しみに〜


今年もドゥニ氏をお迎えしての技術講習会に参加させていただきました。
毎年夏のこの時期に、ドゥニ氏のお菓子を学ばせていただけることは、とても楽しみな一大イベント!

e0199245_23245485.jpg


2日間に渡って10種類ものお菓子を学ばせていただきました。

e0199245_23283156.jpg



今年で31回目となる講習会のための来日には、ドゥニ氏の深い深いお菓子に対する思いがあります。

どんな職業でも、大前提になること、、それは
◯自分が楽しくて、嬉しいこと!
◯人を喜ばせられること!

今日も最後にそう話されて、
「今日も実に楽しかった♡」という言葉で締めくくられました。


この10種類のお菓子を考えられ、わたくしたちに紹介してくださるのには、
どれだけのご苦労があったかと思うのですが、それを楽しかった〜 幸せだった〜
と笑顔で話されるドゥニ氏。。。

ドゥニ氏のお菓子の、どこのお菓子屋さんでも味わったことのない美味しさの所以は、
ここにあるのだと確信した今日の私でした♪


今日のお菓子は、どれもこれも、すぐに復習してみたくなるものばかり!
e0199245_23473144.jpg

マンゴーとココナッツのタルト

タルトなんだけれど、こんな暑い日にでも、2〜3個は平らげたくなっちゃうくらいの爽やかなタルトなんですよ!


e0199245_23501190.jpg

パッションフルーツのソルベと蜂蜜のグラス

e0199245_23513338.jpg

冷え冷えのまんま感が伝わる画像〜〜笑

普段あまり冷たいものがたくさん食べられない私が。ペロリと平らげてしまった〜
これはすごいこと!

それだけ魅力的な氷菓でした♡


後は少しずつご紹介いたしますね!


今日は幸せな一日でした。
弓田先生始め、イルプルーのスタッフの皆さまにも感謝です。


〜人を幸せにするお菓子作り〜
それが、キャラチャコの長年のモットーでもあります。


お菓子教室 アトリエ粉うさぎです。


ミルティーユ(Myrtilles)
フランス語でブルーベリーのことなんですよ♪♪

なんて素敵な響きの名前でしょう〜

今がまさに旬のフルーツです♡
採れたてのミルティーユを使って、クラフティーを作りました。
e0199245_22273725.jpg


焼き上がりの目安は、一面に敷き詰めたミルティーユの、外側から2列目までがはじける頃合い。。

さっくさくのブリぜ生地とともに、ミルティーユの酸味とサワークリームの深い味わいが
押し寄せてきます。
e0199245_22321838.jpg



とてもシンプルなお菓子でありながら、ミルティーユを愛する思いの詰まったお菓子です。

いつの間にか、GWに突入したどころか、もう前半は過ぎてしまいました。

本当に毎日が早過ぎる!!!


1週目は主だったレッスンは入れていないものの、いろいろなスケジュールの調整やら、試作やらで
あっという間に一日が過ぎていきました。

でもたまには旦那様にもおつき合いしないと、、、なので (笑)
今日は一日連れ立って出かけて来ました。




さて、先月大活躍だった苺のお菓子たちも、苺がお隠れになると同時に終了です。
随分とお世話になったものです。

e0199245_0484473.jpg


タルトも、ご近所さんへのプレゼントだったら、こんな感じで気軽にラッピングしてもOK!

苺のパウンドケーキは、大好評でした。
e0199245_0534742.jpg


念のため、苺のコンフィチュールは、店頭にまだ並んでいるうちに仕込んでストックしておきました!


良い材料を使って作るお菓子は、どれも美味しくない訳がありませんが、
しかし! 
その材料の相次ぐ値上げには参ってしまいます。 涙

お菓子屋さんは大変だと思います。
材料を落とせば確実に味は落ちますしね・・・





さてさて、大変遅くなってしまったのですが、
5、6月のレッスンメニューとスケジュールを更新させていただきました。
パン教室「粉ね粉工房」とのスケジュール調整で、こんなに遅くなってしまったこと、
本当にごめんなさい。


そして新たに、マクロビの基礎メニューで3ヶ月コースを設けましたので、
ちょっとナチュラルなお菓子にも興味があるという方は、是非ご検討くださいませ。

よろしくお願いいたします。


アトリエ粉うさぎ


今年も「イルプルーの一年」弓田先生の新作発表会の時期がやって来ました。

お元気になられた弓田先生の魔法のような手元と、お菓子のイマジナスィオンが学べて、
とても有意義な一日でした。

今日の新作は4品。

e0199245_061683.jpg

グリヨットゥのタルト


e0199245_08259.jpg

プラリネのビスキュイとふくよかなコーヒー


e0199245_092612.jpg

バナナとキャラメルのすがすがしいムース


e0199245_0101133.jpg

ジャポネーズ



どれも弓田先生らしいお菓子。

バターを使ったものが多かったですが、
バターの重さを感じさせないふくよかなお菓子たちでした。


また季節のお菓子クラスで、お伝えしていきますね。






昨日は、くらしのアトリエひらやさんで
オーガニックパン教室を開かせていただき、みなさんの美味しい笑顔がみられて
とても幸せでした。


美味しくて安全なパンが、こんなに手軽にできるとは♡
と喜んでいただけました。


お伝えできることが嬉しいな〜



苺のパウンドケーキです。

ありそうでいて、なかなかない苺のパウンド!
ならばいっそのこと、苺の女王様の気質(!?)を強調して、こんな感じに仕上げてみました。

e0199245_8462223.jpg


これはスリムパウンド型で焼いたものです。

e0199245_8472024.jpg


春のパーティーなどでは、テーブルのセンターに、このスリムパウンドを3本くらい繋げて、
どーんと飾るのはどうでしょう〜

きっと女子のテンションマックスになること間違えなしですよ〜ん! 笑


ポーランドの香り高いフリーズドライ苺を、これでもか!と加え、
さらにフレッシュの苺でつくるコンフィチュールも!しのばせるのです。。。



甘酸っぱくて、苺の香るパウンド、いかがでしょうか。

今月のアトリエ粉うさぎのレッスン、季節のクラスでお伝えしているメニューです。