カテゴリ:イルプルお菓子( 87 )



お菓子教室 アトリエ粉うさぎです。


ミルティーユ(Myrtilles)
フランス語でブルーベリーのことなんですよ♪♪

なんて素敵な響きの名前でしょう〜

今がまさに旬のフルーツです♡
採れたてのミルティーユを使って、クラフティーを作りました。
e0199245_22273725.jpg


焼き上がりの目安は、一面に敷き詰めたミルティーユの、外側から2列目までがはじける頃合い。。

さっくさくのブリぜ生地とともに、ミルティーユの酸味とサワークリームの深い味わいが
押し寄せてきます。
e0199245_22321838.jpg



とてもシンプルなお菓子でありながら、ミルティーユを愛する思いの詰まったお菓子です。

いつの間にか、GWに突入したどころか、もう前半は過ぎてしまいました。

本当に毎日が早過ぎる!!!


1週目は主だったレッスンは入れていないものの、いろいろなスケジュールの調整やら、試作やらで
あっという間に一日が過ぎていきました。

でもたまには旦那様にもおつき合いしないと、、、なので (笑)
今日は一日連れ立って出かけて来ました。




さて、先月大活躍だった苺のお菓子たちも、苺がお隠れになると同時に終了です。
随分とお世話になったものです。

e0199245_0484473.jpg


タルトも、ご近所さんへのプレゼントだったら、こんな感じで気軽にラッピングしてもOK!

苺のパウンドケーキは、大好評でした。
e0199245_0534742.jpg


念のため、苺のコンフィチュールは、店頭にまだ並んでいるうちに仕込んでストックしておきました!


良い材料を使って作るお菓子は、どれも美味しくない訳がありませんが、
しかし! 
その材料の相次ぐ値上げには参ってしまいます。 涙

お菓子屋さんは大変だと思います。
材料を落とせば確実に味は落ちますしね・・・





さてさて、大変遅くなってしまったのですが、
5、6月のレッスンメニューとスケジュールを更新させていただきました。
パン教室「粉ね粉工房」とのスケジュール調整で、こんなに遅くなってしまったこと、
本当にごめんなさい。


そして新たに、マクロビの基礎メニューで3ヶ月コースを設けましたので、
ちょっとナチュラルなお菓子にも興味があるという方は、是非ご検討くださいませ。

よろしくお願いいたします。


アトリエ粉うさぎ


今年も「イルプルーの一年」弓田先生の新作発表会の時期がやって来ました。

お元気になられた弓田先生の魔法のような手元と、お菓子のイマジナスィオンが学べて、
とても有意義な一日でした。

今日の新作は4品。

e0199245_061683.jpg

グリヨットゥのタルト


e0199245_08259.jpg

プラリネのビスキュイとふくよかなコーヒー


e0199245_092612.jpg

バナナとキャラメルのすがすがしいムース


e0199245_0101133.jpg

ジャポネーズ



どれも弓田先生らしいお菓子。

バターを使ったものが多かったですが、
バターの重さを感じさせないふくよかなお菓子たちでした。


また季節のお菓子クラスで、お伝えしていきますね。






昨日は、くらしのアトリエひらやさんで
オーガニックパン教室を開かせていただき、みなさんの美味しい笑顔がみられて
とても幸せでした。


美味しくて安全なパンが、こんなに手軽にできるとは♡
と喜んでいただけました。


お伝えできることが嬉しいな〜



苺のパウンドケーキです。

ありそうでいて、なかなかない苺のパウンド!
ならばいっそのこと、苺の女王様の気質(!?)を強調して、こんな感じに仕上げてみました。

e0199245_8462223.jpg


これはスリムパウンド型で焼いたものです。

e0199245_8472024.jpg


春のパーティーなどでは、テーブルのセンターに、このスリムパウンドを3本くらい繋げて、
どーんと飾るのはどうでしょう〜

きっと女子のテンションマックスになること間違えなしですよ〜ん! 笑


ポーランドの香り高いフリーズドライ苺を、これでもか!と加え、
さらにフレッシュの苺でつくるコンフィチュールも!しのばせるのです。。。



甘酸っぱくて、苺の香るパウンド、いかがでしょうか。

今月のアトリエ粉うさぎのレッスン、季節のクラスでお伝えしているメニューです。

イルプルの師範会は年に2回春と秋。
春は師範会のあとに、この3月で卒業された生徒さんたちの卒業パーティーがあります。

今日、喜びと満足感に溢れた生徒さん達の笑顔を見ながら、
私が卒業した16年前を想い出していました。


今は当たり前に作れてしまうお菓子たちも、卒業したての頃は、ただ全課程のお菓子を学んだ、
というだけで、全然満足に作れるようなものがほとんどありませんでした。

師範試験を受けようと決めたときから、本当に真剣に練習に練習を重ねていきました。


昨年学んだ白崎茶会のパンもそうですが、
真剣に学ぶ姿勢をもったとき、人は少しずつでも上達していくんだな〜としみじみ思います。

何事にも生半可な気持ちではダメだと言うことですね!


それにしても、
いろいろ寄り道をしないで、一発で真実のお菓子教室に巡り会えた私は、
何とラッキーだったんだろう♡と思います。

e0199245_028157.jpg


今日のパーティーのお土産のお菓子、このタルトゥ・サンチャゴ
本当に美味しいです。

そのお菓子に込められた弓田先生の真実の思いが、エピソードとともに書かれたこんなリーフレットがつけられているお菓子屋さんなんて、他にあるのかな?

弓田先生がスペインに美味しい栗製品を探しに行かれたときに、お土産屋さんで何気なく買ったお菓子が、このタルトゥ・サンチャゴだったそうです。

お土産屋さんに積み上げられた、なんの変哲もない素朴過ぎるそのお菓子、
せっかく買って来たんだからと、ひと切れ口に放り込み、、、

ん??

そのあまりの豊穣の極みの味わいに、先生の五感が震えたそうです。

そのスペインのアーモンドで、日本の地で思考錯誤を繰り返されて出来たのが、このお菓子。





こんな真実の詰まったお菓子教室で学べたことが、本当に嬉しいと改めて思えた今日でした。
先生のお元気になられたお姿にお会いできて、よかったです。

ありがとうございました。

そしてそして天国の深堀先生にも、感謝感謝です。。。




昨日作った、これまた美味しいガレット・ブルトンヌ
e0199245_044123.jpg


これも真実のお菓子のひとつです。


桜の開花予想では、東京は今月末だそうですね。
桜の芽が日に日に膨らんでくるのを見守るこの時期も、日本人にとっても楽しみでもあります。

わが家の近辺は、桜だらけなので、とても楽しみです♡


桜を通り越して、新緑っぽいイメージのお菓子ですが、、

e0199245_2147459.jpg

イルプルのラ・フュージョン 「融合」という意味のお菓子です。


抹茶と珈琲、2種類のビスキュイの間に、ヘーゼルナッツのバタームースをサンドするだけの
シンプルなお菓子ですが、この色合いがとてもシックで好みです。

そしてバタームースがなんといっても美味しい♡のです!
イルプルのバタームースは最高〜
他のどこでも、こんな美味しいバタームースはお目にかかれないのでは?? と。。。

わかりやすく言えば、
和なバタークリームバージョンのショートケーキって感じかな〜
最上段に鎮座している!!ガナッシュが、全体の引き締め役になっています。


融合・・まさに融合しているお菓子です。




さて、今、豆乳食パン焼き上がりましたあ〜
e0199245_23163833.jpg


母が「パン、もうなくなったよ!」
と言ってきてるので、これは実家にお嫁に行くはずです〜〜  笑
お年寄りでも食べやすい、ふっふわ食パン♪
ひと月程前だったか、、、
ある日突然、眼鏡がなくなりました。

ときどき使う老眼鏡とかだったら、まだどこかに置き忘れてしまった、、とかありえますが、
まだ老眼鏡のお世話にはなっていないし、
普通にいつもかけている近眼の眼鏡。

それがある日突然消えてしまったのです!!

細かい字を見る時に眼鏡をはずすので、ひょいとどこかに置いたはずなのだけど、、、

結局5日間眼鏡なしで我慢しましたが、ついに新しいのを買いました。
みんなから、新しいのを買った途端に見つかるわよ〜
といわれましたが、

未だに出てきてないです。。。
本当に自分が情けなくて情けなくて、、、
でももうこうなったら、情けないを通り越して笑えます〜

何年か経って、どこかからひょいと出てくるそのときが、ちょっと恐ろしくもあります。 笑






さて、
ガトー・バスクです。
e0199245_23544844.jpg


e0199245_23551060.jpg


フランスバスク地方の伝統菓子ですが、
イルプルの厳選された材料で作るガトー・バスクしか食べたことがないので、
わたしには、美味しい♡という言葉しか言えません。   笑



 

気づいたらもう2月。。。
案の定、早いですね!


主人がイタリアに行っている間、
実家の母のところに泊まりに行きました。

何年ぶりだろう??

今は主人が留守だと、私ひとりなので、何の気兼ねも要らないんだもんね。
母ともゆっくり話が出来たし、喜んでくれて、
ほっこりした時間を過ごしてこられました♡

いつも尊敬している91歳の母。。
いくつになっても追いつけないわ??




さて久しぶりの生ケーキ♪
e0199245_11583473.jpg


昨年のドゥニ氏のルセットより。
エスカパードゥ  エスケープの意味。
ドーム型仕立てではなく、セルクル仕立てにしてみたもの。

サブレ・ショコラを土台に、
ビスキュイ・ショコラとショコラムース。
中に南国のフルーツをたっぷり閉じ込めています。

美味です!!
今年のクリスマスケーキにしようかな♡  (早っ!)




こちらはミートパイ
e0199245_1292055.jpg


イタリアの食事より、美味しい♡と主人が言いいながら食べてました。  笑笑



こちらは秘密のストックレシピの中華スープの素で、1分で出来てしまうスープ♪
生姜をたっぷり効かせて、温まります〜〜
植物性とは思えないコクと中華味!

e0199245_1212538.jpg


友人からハワイ島のお土産にもらった、白い蜂蜜♡
ブールにつけていただきました。
美味しい!  ちゃんと蜂蜜だ!



確定申告も終わり、ちょっとホッとしている、ひとりランチです。


わたくし事ですが、昨日無事に孫が誕生いたしました。

3300gの元気な男の子でした!
娘も元気で、ホッとひと安心いたしました。
すくすくと健康に育ってくれれば、それが何よりです〜

これからしばらくは、我が家も賑やかになりそうです♪♪



さて「おうちクリスマス」  もうすでに昨日されたところもあるようです。
昨日、ご注文で作らせていただいたのは、こちら。

e0199245_16304521.jpg


今年のドゥニ氏の新作の中から、ルサンスィエルです。
フランボワーズのババロアには、薔薇の香りを・・
そしてフロマージュ・ブランのムースに散りばめた松の実が、
あっさりした食感にアクセントを与えています。


上がけしたホワイトチョコレートソースが、上品なベールのよう・・・




もうひとつは、先日のレッスンで作ったのと同じ、「はちみつとチョコレート」です。
e0199245_1653262.jpg


e0199245_16531612.jpg




楽しいクリスマスを過ごされたかな?




さて、バアバとしての仕事もしなくっちゃ〜〜
娘が帰ってくるまでの間に、おお掃除、おー掃除!!


何よりホッとしてるのは、バターがだいぶ入手しやすくなったこと!

今までは、バターが入っている冷凍庫がスカスカになってくると、ドキドキしながら
メニューやご注文を考えていたのですが、その心配がなくなりました。


なので大好きなパイが、心おきなく作れるようになりました。

e0199245_22464763.jpg


いただいた林檎がたくさんあるので、まずは定番アップルパイ


そして、ちょっと手の込んだコンベルサスィオン
e0199245_2249039.jpg


「会話」という意味のお菓子♪

フランス語のお菓子の命名は本当に面白いですね!
表面のグラスが、口の中でカリカリっと音をたててくずれ、それが会話のように聴こえるところから、
この名が付いたそうです。


とっても可愛いお菓子です。


それにしても、パイを作るにしては、ちょっと困り者くらいの
12月とは思えない程のここのところの暖かさ??


さくさくと作業しないとね〜〜