カテゴリ:イルプルお菓子( 90 )

今日はとっても冷たい雨の1日でした。

ご注文いただいているクリスマスケーキの下準備を、仕事の合間を縫ってやっています。
一台ずつ心を込めて作らせていただきます。

これはドゥニ氏の講習会で教えていただいたル・カルディナル
赤い小鳥、あるいは枢機卿(すうききょう)の赤礼服という名前が付けられています。

e0199245_23461960.jpg


フランボワーズとチョコレートの仕立てですが、
ジュレの赤とピスタチオのグリーンが、クリスマスにぴったりのお菓子です。


明日は今年最後のレッスンです。
そのまま出来上がったケーキをクリスマスパーティーで役立ていただけそうです。
クリスマスのイルミネーション、どこも綺麗ですね。

人口的とは思うけれど、なぜかテンション上がります。

我が家も子供たちが小さい頃は、玄関や2階にイルミネーションをつけていましたが、
さすがにもう誰も見る人もいないので、今は玄関先の屋根にも届くほどになってしまった
ゴールドクレストに、シンプルなゴールドの飾りをつけているだけ。。。

それでも、なぜか嬉しい気持ちで見上げてしまいます。
それももう後10日余りでおしまい。。
ちょっと淋しいな



e0199245_23305256.jpg


これは、イルプルのパウンドの中でも、かなり個性的なパウンド、百花蜜のパウンドです。
フランス、プロバンス地方のはちみつ、百花蜜を使ったパウンドケーキ。
百の花から集めた蜜ですよね。すごくないですか?

このはちみつだけでも、かなり個性的な香りを放っているのですが、さらにキャソナド、黒砂糖、
バーズキャラメルと、畳みかけるようにコクを増す材料を加えていきます。

たくさんは食べられませんが、薄くスライスして、コーヒーとともにいただくと、
なんともいえない幸福感に包まれてしまうから不思議!

きっと百花蜜の香りのなせる技でしょうね。

他ではなかなか味わえないこの香りとコクを味わっていただきたくて、プレゼントに焼きました♡

今日は健康診断に行ってきました。

バリウム、何度飲んでもいやですね〜
帰り道、体調悪くなってしまいました??

でも、大好きなお菓子作りを続けていくためにも、
ベビ太郎くんの面倒を見られるような元気なおばばちゃんでいるためにも、
健康でいなければ! ね!

さて、ビフォーアフターではないですが、
昨日のクリスマスのビッシュ、ちゃんと飾り付けをすると、だいぶ印象が変わります。
e0199245_2218289.jpg


イルプルーは味主体のお教室なので、余計な飾り付けや過度のお洒落感などは一切なしなのですが、
クリスマスケーキはやはり、ちょっと派手にするとテンションが上がりますね。





e0199245_22233940.jpg

おなじみのカンパーニュです。ホシノ酵母です。

今、ぶどう酵母は育て中〜

正しいやり方を教えていただいたので、
ぶどう酵母のカンパーニュ、早く作ってみたいなあ♡
今日、ご注文いただいていたのは、クール ソバージュ

e0199245_2256586.jpg


この断面が何ともいえず美しい〜

カシスとチョコレートのお菓子です。
パンチの効いたカシスに負けないように、ゲアキルとアメリカオという2種のチョコレートを使って
ムースを作っています。
このショコラのムースにも、カシスピューレで作ったイタリアンメレンゲが入っているという
細やかさ・・・

この全体の調和がとても美味しい大人のお菓子です。

e0199245_045788.jpg


今日は主人の誕生日だったので、ついでに?! 笑
主人の分も作りました。
余ったショコラ生地を使ったので、こちらはちょっと断面に歪みが。。。汗

なかなか家族のためにきちんと作る事がなくなりました。
まあ、食べる人もいないしね


その分、ご依頼してくださる方々に、私の作ったお菓子で喜んでいただけるのは、
本当に嬉しい




今日は焼き菓子のご注文もいただいていました。

宝塚の東京公演に差し入れとして、持って行かれるそうです。
クレオルの大好きな彼女は、もちろんクレオルと可愛いクッキーで詰め合わせを・・・との
ご依頼。
e0199245_0151891.jpg
 
冬らしいアイシングクッキーを作りました。
e0199245_0153467.jpg

e0199245_0155942.jpg



今日も皆さまに笑顔になっていただけたかな?



今日は一日仕事だったので、お誕生日だった主人に何もしてあげられませんでした。
ごめんなさい。。

でも、娘たちが来てくれて、ベビ太郎も連れて来てくれて、
主人は何よりのプレゼント♡と目尻が下がリっ放しでした。

いつも私のお菓子作りには、いろいろ陰ながら応援してくれている主人に
感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもお互い元気でいましょうね・・・
今日は年に2回行われるイルプルの師範会に出席させていただきました。

尊敬する我が弓田先生の講習は、とっても久しぶり!
優雅で美しい先生の手元の動きを見ているだけで、うっと~り❤

私ごときが流石!なんていう資格もないですが、汗
やはり永遠の氏だな~と、改めて実感いたしました。

今日教えていただいたのは、
パッションとノワゼットゥのビッシュ
e0199245_0151540.jpg

相変わらずのこのビジュアルには敢えて触れないこととして・・・(笑)

甘酸っぱいパッションフルーツとヘーゼルナッツ?
合うの??

試食するまで?マークでしたが、
これがまたとっても美味しいのなんの!

断面を撮るのも忘れて、大きい1カットを完食~
と、食べ終わったところで、
今度は今まさに弓田先生自らが実演で作って下さった出来たてほやほやを1/2カットだしてくださるではありませんか!

こんな貴重なものは是非戴かなくては!!

う~ん、やはり違いますなあ
工場で作られたものと、先生が作られたものは明らかに、キャラメルの苦みも、バタームースの軽さも違う。。。

最も冷蔵庫で保管されていた時間とかも影響しているでしょうけれどね、、、



そしてもうひとつは、こちらの焼き菓子。

e0199245_0292187.jpg

ずいぶんと出来上がりの色は、なんと申しましょうか・・・
お世辞にも美味しそう、とは言えなかったのですが、、、(笑)


こちらは食べきれなかったので、大切に大切に、うちに連れて帰りました。
が、トホホ。。。

荷物も多く、傘もさしたりで、
こんなひび割れ子ちゃんになってしまいました。 涙

e0199245_0335131.jpg


しかし開けた途端に、コーヒーとチョコの香りが、、、

どちらもちょうど良い具合にあいまって、本当に美味しい❤

これも先生の自作とは・・・
貴重だわ~


その後の懇親会でも、イタリアンをいただきながら、師範の大先輩方にいろいろなお話をうかがえて、
本当に有意義なひとときを過ごさせていただきました。

まだまだ勉強することがたくさんある! イルプルのお菓子の世界は奥が深い!
と改めて初心にかえる想いのわたくしでした。


冷たい雨の遅い帰途となりましたが、心は温かいものでいっぱいでした。
ありがとうございました。
 
冷たい雨の日曜日となりましたね。

久々に仕事のない日曜日。
今までたまっていた事を整理したり、冬物も出さなきゃだし、お菓子も作りたいし、
明日のお教室のレシピ打ちもしなくてはいけないし、、、??

お休みといえども頭の中はいっぱいなんですが、
身体がお休みモードに入っているんで、なっかなかはかどりませ〜ん。

私はどうも忙しい方がよく頭と身体が働くようです。。。笑


さて、こんなに急に寒くなってくると、
不思議とこってりしたお菓子が食べたくなるものです。。

とはいっても、別に不思議でも何でもない。
身体が身体を冷やす冷たいムースとかを欲しない、、というだけなんですよね。


でもムース好きな私は暖かい部屋でいただくムースも。格別と思ってはいるんですが♡

とにかく、此れからの季節にぴったりで、アーモンド好きな方にはたまらないお菓子
プラランです。
e0199245_1357228.jpg


アーモンドクランチとアーモンドローストペースト入りの生地と、
美味しいと定評のあるイルプルのバタームースとの組み合わせ。

ただどのパーツにも焦がしキャラメルが入っています。
e0199245_13594087.jpg

ちょっと常温に置いて、バタームースがいい感じに緩んできた頃、
コーヒーとともにいただくのが、私のおすすめです。
ほろ苦いアーモンドヌガーと、ラム酒が効いて、大人なお菓子ですね。




そしてこちらは、マクロビのおやつ。
e0199245_1433164.jpg


ここのところ。かぼちゃのお菓子が続いて、ペーストが少し余っていたので、
トランス脂肪酸フリーのショートニングと、有機オートミール、てん菜糖で。

ショートニングのさくさく感と、オートミールの香ばしさがクセになるおやつです。



さてこれからまた、明日のレッスンに向けての準備。
でっかい北海道産のかぼちゃを1個丸ごと、蒸して裏ごし・・・という
大変な作業が待っているのだ!

明日のお菓子は、今までのとは違う、カスタードベースのお菓子。
お楽しみに〜
フロマージュのギャレットゥという大好きなパイを作りました。
この前のパイ生地があったので・・・
e0199245_9375950.jpg


生クリームのフロマージュブラン(月のチーズ)を加えると、見違えるようにさっぱりとした味わいになります。
e0199245_9391844.jpg

こんなにたっぷりと絞り入れているのに、ペロリと平らげられてしまうんですよ〜

そこが怖いところでもありますが、娘も大好きなお菓子なので。
脂肪も半分ずっこ〜〜笑
いつのまにか暦も10月。

ついこの間まで、暑い暑いを連発していたというのに、、、


10月の声を聴いたからには、やはり秋のお菓子を作らなければ・・・

栗をたっぷり感じられるル・ルガンです。
e0199245_23545946.jpg


ビスキュイ・オ・ザマンドゥにサンドされた栗のバタームースのクレームと、ガナッシュ。
ラム酒が小気味よく効いて、憎いほどバランスが取れています。


これはもうコーヒーと頂くしかありません。
ただし、バタームースのマロンクリームが程よく溶けてきた頃をみはからって・・・です。

「それぞれのお菓子には食べ頃の温度がある」ということを教えてくれたのも、イルプルでした。
それまでは、生菓子は冷蔵庫に保管して、出したてを食べるものだと思っていました。

でも違うんですよね!
このル・ルガンのようなバタームースを使ったお菓子は、20℃くらい、ちょっとマロンクリームが
柔らかくなってきた頃に頂くと、味わいが立つんですよ〜

心を込めて作ったお菓子を、一番美味しい時を見極めて食べてもらいたい♡
私もそんな心遣いを、大切にできるお菓子の作り手になりたいです。
日中は暑いながらも。朝夕はどことなく秋を感じることが多くなってきました。

仕込んであったパイナップルのシロップ漬け、もう使っちゃわないと・・・

と思って作ったのが、これエヴズィオンです。
e0199245_1601690.jpg

e0199245_17282244.jpg

めちゃめちゃ夏らしいお菓子なので、食べ納めです。

e0199245_1728489.jpg

e0199245_1729463.jpg


バナナとパイナップルをピューレにして、マスカルポーネやココナッツピューレとともにムースにしています。
中身のガルニチュールは、バナナとパイナップルをキルシュに漬けたもの。
それに生姜のコンフィがちょこっと入るのです。
これで、エキゾチックさがでるんですね〜

またそれぞれのパートに使うライムの果汁やすりおろしが、全体を引き締めます。


土台のシュクレ生地に入れたマカダミアナッツとホワイトチョコがまた歯触りのアクセントになって、
とても調和のとれた美味しいお菓子です。



ココからはおまけ・・・
夏の終わりといえば、冷やし中華!!

昨日の夕食に作った麺から手作りのしろものです〜 笑
e0199245_17432951.jpg

九州の地粉で作った麺は、かんすいなしでも しこしこ麺〜
醤油だれも、紅生姜も手作り〜

とても美味しくって、夏が終わってしまうのが名残惜しいで〜す。
家の近所の成蹊大学のケヤキ並木を通り抜けるとき、
それはそれはすごい蝉の大合唱!!

たった7日しか生きられない蝉の精一杯の鳴き声を聞くと、
なんだか私も頑張らなくっちゃな〜〜と。。。 
いつも思ってしまうのです。 笑


さて今日は予約していた茶会が急にキャンセルになり、1日フリーになりました。

その代わり娘の友達が遊びにくることになり、
ママのケーキを楽しみにしてる、というので、急遽作ったヴィオレット・デ・ボア

e0199245_18455252.jpg


ちょっとまだ固まりが完全でないうちに型からはずしてしまったので、
あまりシャープでない仕上がり・・・に。 汗

以前のようなプティではなく、アントルメ仕立てです。

e0199245_18475986.jpg

ブルーベリーのピュレとドライブルーベリーで作ったコンフィチュールを、これでもか!
と詰めてしまったので、これもカットしたらたら〜り流れ出てしまい・・・


でも若いお嬢さんたち、美味しい〜〜と平らげてくれましたあ。
かえって、フレッシュ感あってよかったのかも!?

とても高級なドゥニ氏のルセットゥによるブルーベリーのチーズケーキです。


楽しいおしゃべりと、美味しいお菓子♡
のんびりと若い人たちと過ごす休日もいいいもんだな〜