カテゴリ:アニバーサリーケーキ( 164 )

やっと寒くなってきました。
そこここのクリスマスの電飾も、寒いピ〜ンと張りつめた空気の方が、キレイに輝いているような気がします。

さて、クリスマスまであと2週間ちょっととなりました。

今年のレッスンでは、何のケーキを作りましょう、、、と試作始めました。(少し遅いですねえ〜)

まずはホワイトクリスマスのイメージで・・・
e0199245_2011416.jpg


初心者むきのとっても簡単で、美味しいマロンのビュッシュです。
特別な材料は使わず、栗の甘露煮を裏ごして、イボワール(ホワイトチョコ)と合わせたクレームです。
生地は、オザマンドゥの復習になります。

清楚にまとめてみましたが、、、



明後日、またパーティー用の大きなご注文を頂いていますので、またクリスマスケーキの画像はその後になります。

なお、今年のクリスマスケーキは22〜25日、ご予約頂いたみなさまの分で、もういっぱいになってしまいました。
なにぶん仕事の合間に作らせていただくため、たくさんお受けできず、申し訳ございません。
今日はハローウィン。

六本木に出かけたら、途中仮装した若者達にいっぱい出会って、愉快でした!
骸骨のでっかいかぶり物の2人が、そこら中のお店の窓ガラスに顔をくっつけて、ガオ〜ッと叫んでるのが面白かったです。

我が家のディスプレイは、こんな感じです。

e0199245_22281398.jpg


いつものキャラターのデコクッキーに比べれば、とっても簡単っ!   色も3色だしね〜
でも、買うとなると、デコクッキーは驚くほどお高いんですよ〜!  (今日ミッドタウンでも、1枚¥400近くもしていましたぁ )

陶器で焼いたのは、パンプキンチーズスフレ
キリのクリームチーズに、メープルシロップ、サワークリームを加え、メレンゲを加えて、湯煎焼きしています。
あっつあっつを頂くもよし、冷やして頂くと、チーズの味が引き立ちます。


しかし、娘に、あとから「カボチャはやっぱ、ジャックランタンでなきゃ、感じ出ないよ!」と指摘され、、、
あわててジャックランタンにしたのが、こちら・・・e0199245_948037.jpg



















子供っぽくなるかと思って、あえて顔を入れなかったんですが、
なるほど〜!
こっちの方が、ずっとハローウィンの雰囲気がでますね〜

近所のお子さんに、プレゼント!

    
5歳のお嬢さんのお誕生日のお祝いのケーキは、『栗のケーキ』でお願いします・・
とのご依頼をいただきました。

小さなお子さんで、栗のケーキがお好きとは、なかなかの通ですね〜

今仕込みが終わった栗が、今か今かと出番を待っている我が家の冷蔵庫!
そんなときにぴったりの今日のご注文でした。
e0199245_21213683.jpg


栗の持つシックなブラウンのイメージを壊さないように、全体をブラウンで統一するべく、チョコレートで周りをおおいました。
3つくらい前のブログに載せた、栗のロールケーキをビッグにして、縦にしたバージョンです。

渋皮煮をマロンバタークリームと共に惜しげもなく巻き込み・・・
その上には無糖のクレームシャンティーと栗のシロップ煮、さらにマロンクリームを大胆に絞りました。

裾につけたのは、グラニテを焼いたものです。カリカリとした食感もアクセントになっていると思います。

ベビーシューもお楽しみにつけさせたいただきました。

ろうそくでお祝いしてから、ご家族でケーキを囲んで、フォークを持って一斉にモンブランの山を崩しにかかるのも、おもしろいかもしれませんねえ〜060.gif

お誕生日おめでとうございます!
しばらくご無沙汰していましたが、、、
自宅でのレスッンでも『シャルロット・オー・ポワール』の実習をさせて頂いたり、とオーブン全開でした!

さて、随分と涼しくなり、長袖やカーディガンが必需品になってきました。
ところが今日、主人は「アロハシャツ」を着て、出かけて行きましたよ〜

主人が以前に勤めていた会社では、毎年一年に一回、ホテルにて懐かしい方々と交流会を催しているのですが、
今年は、その中のお一方が結成しているハワイアンバンドをお招きして、盛大にハワイアンムードで盛り上げよう!という事になったそうです。

そこで、ハワイアンバンドの演奏に花を添えるべく、ハワイアンケーキを作らせて頂きました。
e0199245_2050645.jpg


ハワイアンケーキなのは、外見だけではなく、中身もやはり南国バージョンにしたいな〜
と、、、
約40人分のケーキでしたので、2種類のケーキを組み合わせました。
まずこちらは、シャルロット・フリュイ・ド・ラ・パッション・エ・シトロンベール
e0199245_2111396.jpg

ビスキュイ・キュイエールを土台に、パッションフルーツとライムのジュレを間に仕込んだクレームフロマージュのケーキです。







もうひとつは、こちら、アントルメ・アナナ
ダックワーズ・ココにサンドされているのは、パイナップルのシロップ漬けとクレーム・ムースリーヌです。
e0199245_21301036.jpg




これは関西のある有名シェフのお菓子教室に通う友人に教えてもらったルセットゥを参考に、イルプルー流にアレンジしたものです。




ホテルの方が、キレイに等分にカットして下さったそうで、みなさんに喜んで頂けたようでした。

主人も南国ムードムンムンで帰ってきました〜
私もハワイアンバンドの演奏聞きたかったです。


ゆっくり本物の!?ハワイでも行きたいもんですね〜 (笑)