カテゴリ:ケーキ( 107 )

蝉が 終わりのみえてきた夏を惜しむように、精一杯大きな声で鳴いています。

暑くって暑くって、恨めしいような夏でしたが、
秋が近づいていると思うと、何となくもの悲しいような気持ちになりますね〜


さて今日作ったのは、ル・スィスィリアン
何度も登場している大好きなお菓子。
e0199245_190366.jpg

e0199245_1902064.jpg


白ワインのまったりしたムースは、絶対国産の北海道おたる「ナイアガラ」限定!
このワインでないと、この美味しさは出せないのですわあ〜
e0199245_192298.jpg

まったりしたムースなので、ちょっと半解凍くらいが私は好き。

夏のお菓子もそろそろおしまいなので、
冷蔵庫の夏用の材料、使い切っちゃわないとな〜〜♪♪

遅い夏休み取っているので、お菓子が作れるぞ!
万歳〜〜
by kyaracyako-brog | 2013-08-27 19:08 | ケーキ | Comments(2)

今日で7月も終わり、、だなんて!

夏休みは仕事が忙しいので、
毎日ばったばたしてるうちに1日があっという間に終わってしまいます。


お菓子レッスンはしばらくはお休みなのですが、
旬の時期は逃せないので、メロンの美味しそうなのを購入して、作ったのがこちら。。
e0199245_2314374.jpg


メロンのショートケーキです。

ふわふわのジェノワーズに、キルシュのシロップ。
2色のメロンをたっぷり入れるので、シャンティーが水っぽくならないように、
ジュレデセールを加えています。


う〜ん!
軽くって美味しい〜
みずみずしい旬の味を堪能♡


今日は仕事の後、フランス菓子講習会に向けて来日されたドゥニ氏のお茶会に
代官山のイルプルーに行ってきました。

新作のひとつを試食させていただき、またまたの美味しさに感激!
来週の講習会が楽しみだわ〜
by kyaracyako-brog | 2013-07-31 23:24 | ケーキ | Comments(0)
2009年にフランスのパティスリー、ジャン・ミエ店のドゥニ氏の講習会で教えていただいた
お菓子です。

名前はサン・バルテルミー島 (カリブ海の島)
いかにも夏のお菓子っていう感じですよね!
e0199245_2138761.jpg

e0199245_21383653.jpg


上がけは、バニラビーンズのたっぷり入ったホワイトチョコのグラサージュ♡

食用の西洋ほうずきが、可愛いですよね〜〜



e0199245_21483197.jpg

ココナッツのムースの中には、パイナップルのシロップ漬けとマンゴーが。。。
中生地はココナッツのダックワーズ、
土台はヘーゼルナッッツのペーストやライスクリスピーを加えたさくさくのクルスティアン・ココ。

なんというバランスのよさ!

これを食べれば、もう気分はカリブ海! 笑


さあ今年ももうすぐドゥニ氏の講習会がやってきます♡
by kyaracyako-brog | 2013-07-28 21:59 | ケーキ | Comments(0)
蒸し暑い1日でした。

朝から一日中仕事、
そして合間に恒例の夏の小学生のキャンプの打ち合わせなど、、
暑い暑いと言っている間もなく、あっという間に夕暮れ。。。

今は少し涼しい風が心地よいです。

さて、さわやかな夏 という名のついた今の季節にぴったりのお菓子フレシュール・デテをご紹介します。

ライチとフランボワーズが入ったバラの香りのホワイトチョコレートのムース
という副題がついています。
なのでまずは中身の画像から・・・
e0199245_1951210.jpg


ライチはあんまり普段使う素材ではないのですが、こうしてバラの香りと組み合わせることによって、
こんなにも、、、と思わせる♡お味です。

こちらもフランス人パティシエ ドゥニ氏から教えていただいたルセットです。

ライチの非日常的な香りとバラの香りが重なり、さわやかなエキゾチックな風を感じる美味しさ、
と彼自身も述べていらっしゃいます。

e0199245_19102127.jpg

本来はピストレといって、ホワイトチョコを仕上げに吹き付けるのですが、装置がないので
省略・・・涙
でも、味にはほとんど影響ないです!

卵の入らないかりかりのサブレ生地に、
自家製イチジクのコンフィチュールをおき、
ライチのリキュールDATAにひと晩つけたライチとフランボワーズ
そしてまったりした食感のホワイトチョコ、イボワールのムース。

こんな組み合わせを生み出すドゥニ氏、、本当に尊敬です。

イチジクのコンフィチュールに手間がかかりましたが、
あとは簡単!


この夏も爽やかに過ごせそうな予感が、ひと口で身体によぎりました〜 


さて明日はキッズのクラス♪

夏のフルーツを使ったムースを実習します。
子供たちと作るのはまた楽し〜
by kyaracyako-brog | 2013-07-06 19:22 | ケーキ | Comments(0)
梅雨らしいジメジメしたお天気に気分も冴えない・・

なんてときには、こんな色鮮やかなタルトはいかがでしょうか♪
見ているだけで、気分もパ〜ッと明るくなりそうじゃありませんか!

e0199245_17401612.jpg


これは去年のドゥニ氏のフランス菓子技術講習会で教えていただいたタルトです。

フルーツのタルトで、、との友人のご注文で
ふと思い浮かんだのがコレで、きっと手にされたときに気分もパ〜ッとなるかな?
と思ったもので。。。

e0199245_1750405.jpg


ピスターチオのペーストを練り込んだタルト生地に
一晩ポワール酒に漬けこんだ洋梨の缶詰を散りばめて、アーモンド味のアパレイユを流して
焼いています。

その上に、ルビーのグレープフルーツとオレンジを綺麗に並べて、
オレンジ果汁で作ったコンフィチュール・ドランジェでつや出し。

ただフレッシュなフルーツをたっぷりのせるので、湿気やすいです。
なので、ご注文の時にお届けしてからあまり時間はおけないことをひと言念押し!

早速召し上がってくださるそうです。


ついでにもう1台焼いて、仕事前に実家の母に届けてきました〜
案の定、「わ〜〜綺麗!」
と喜んで、早速ほお張ってくれました。

母用のはカットして持っていったので、こんな感じの断面です。
e0199245_17593719.jpg


ほんのりマットなグリーンのピスタチオ生地がまた、とても柑橘系に合います♡

ピンク・オレンジ・ピンク・オレンジ・・と並べている私も、心躍るような鮮やかなカラーのタルトでした。

今日も喜んでもらえるお菓子作りが出来て幸せ〜
by kyaracyako-brog | 2013-06-26 18:03 | ケーキ | Comments(0)

ここのところ、嬉しいことがあります。。。

な〜んて、ちょっとしたことなのですが、
毎朝美味しいぬか漬けが食べられることなんです。

なんか、やっぱ日本人なんですね〜
ぬか漬けに対する憧れ?みたいなもんがあって、今までも何度か挑戦したのですが、
なっかなか上手くできなくて、こと半ばでダメにしておりました。。。ハイ

でも、とても美味しいぬか漬けができるようになって、一ヶ月くらいかな〜
毎日玄米ご飯にぬか漬け!
特に今はキュウリが美味しい〜〜♡ 幸せ〜

それもこれも茶会のおかげで♡
先月白崎先生にぬか床の作り方を教えていただいて、
しかも先生の何年も熟成したぬか床を分けていただいてきたおかげで、本当に我が家でも美味しい
ぬか漬けが出来るようになった、、という訳です。

しかも動物性の煮干しとか一切入れずに、九州の無農薬玄米のぬかと水と塩のみ!
驚きです!!
これが乳酸菌の旨味なんですね!

毎日野菜をあれこれ突っ込んで、しかも混ぜなくてよい!いや混ぜてはいけない!
というのですから、ずぼらな私にはぴったりこの上ない!!笑


明日の朝も楽しみですわ〜


さて、お菓子ブログなんで、ぬかの話のみで終わる訳にはいきませんので、、、

いただいた杏のコンポートも残り少なくなって参りました。
最後はタルトでシメたいと思います。
e0199245_19132810.jpg

これは以前のフランス菓子のとは違いまして、
マクロビのお菓子。

無農薬小麦と、葛粉で作ったタルトに、
お豆腐で作ったアーモンドクリーム、てん菜糖で煮た杏ジャムをしきつめ、
コンポートをたっぷり〜〜
そして、寒天でツヤを出しています〜

断面はこんな感じです。
e0199245_19174684.jpg


サックサクのタルトに杏の甘酸っぱさが なんともいえません〜

よく、マクロビのお菓子なら罪悪感がなく食べられる・・・
っていう言葉を耳にしますが、
私はそれはちょっと違うかな〜と思っています。

そもそも心を込めて作られたものは、罪悪感なんて持って食べてはいけないですよね〜
それなら食べない方がよいのでは・・・?

もちろんアレルギーとか病気直しで、乳製品や卵を食べられない方にとっては
マクロビのお菓子は必要でしょうし、甘いもので精神が満たされることもあります。

でも一般の方であれば、
マクロビお菓子なら罪悪感がなく、フランス菓子は食べた後に罪悪感。。
なんてね〜〜悲しい (涙)

私はどちらもいただきますが、どんなときでも、美味しいものは美味しい!
そしてそれを美味しい!と思って食べられる幸せに感謝しています。

今両方のお菓子を勉強していますが、
それはどちらのお菓子も召し上がった方が満足してくださるお菓子を作りたいからです。
どちらも、見た目もそして味も美味しくなくてはね・・・
いくら身体によくっても・・・

そしてやはり体調によって、食べ分けたり、できたらよいですよね!?
(私自身もだんだん生クリーム系は年齢とともにたくさんはいただけなくなりました・・・笑)

というわけで、今日は美味しいご飯をしっかりいただいた後、
マクロビバージョンの杏タルト、美味しくいただきました♡

まずはご飯が基本!
お菓子はそのあと、勉強しなさい!
と、白崎先生の口癖です。 笑

全くその通りですね〜
明日の朝もぬか漬けが楽しみで〜す。
by kyaracyako-brog | 2013-06-24 19:49 | ケーキ | Comments(0)

今年もまたドゥニさんの季節がやってきます。

パリのジャン・ミエのチーフパティシエのドゥニ氏。
氏をお迎えしてのイルプル主催のフランス菓子技術講習会が今年もまたやってきます♡


ドゥニさんのお菓子は本当に繊細で美しく、すばらしく美味しい!のです。

こちらは何年か前のドゥニさんのお菓子、ペーシュとフランボワーズ
e0199245_23211216.jpg

なんと優しい可愛らしい色合いなんでしょう〜〜

そして味もとっても優しい、でもそれぞれの味がちゃんと感じられる、そんなお菓子です。


今年はまたどんなお菓子を教えていただけるのか、今からとっても楽しみです!
by kyaracyako-brog | 2013-06-14 23:26 | ケーキ | Comments(0)
昨日はケーキのお勉強に行ってきました♡

イルプルのお友達や先輩方とのお菓子を作りながらのお話は尽きません・・・

もちろん話すことと言ったら、美味しいお菓子や食べ物のことばかり〜〜
女子は(?!)はやっぱりこうなりますよね〜〜笑

さて教えていただいたのは、
ヴィオレット・デ・ボア 2007年のドゥニ氏のフランス菓子講習会のお菓子です。
私はこの講習会には出ていなかったので、初めてのお味にワクワク♡
e0199245_11311867.jpg


思った通りの裏切らない美味しさでしたよ〜ん
何と言ってもブルーベリーのジャムが、美味しい!
チーズのムースの中にたっぷり入ったこれ!
e0199245_1151532.jpg

これがドライのワイルドベリーから作られているなんて信じられません。

早速復習して、レッスンでお伝えさせていただきましょう〜


本当に幸せなスイーツタイムを過ごさせていただきました。

そうそう、お土産に持参したのは定番のパン、カンパーニュでした。
いつものと粉を代え、九州の地粉の全粒粉を加えてみたら、
やはりこの粉は美味しいね!

e0199245_1193899.jpg

噛み締めるほどに味わい深かったです!
by kyaracyako-brog | 2013-05-28 11:10 | ケーキ | Comments(0)

まあ。ここのところの暑さといったら、、、

慌てて夏物を出しました。

昨日はお得意の地粉の手打ち即うちうどんも、氷水でしめて、冷やしうどんにしたらば、
なんと美味しい〜〜

もう夏なのね〜
と思いきや、今朝はまたひんやり・・・

体調管理をしっかりしないと、風邪ひきますよね!


さて、こちらのお菓子は、洋梨とアールグレイのシャルロット
e0199245_7133780.jpg

洋梨のジュレの部分がさわやかで、2種類のムースの相性もよく、
これからの季節に美味しいお菓子です。


明日は母の日。
どんなケーキを母に持っていこうかな?
by kyaracyako-brog | 2013-05-11 07:17 | ケーキ | Comments(0)

新緑の鮮やかな季節がやってきますね!

今日はそんな緑にあやかって、抹茶のロールケーキを作りました。
e0199245_197785.jpg

スフレ抹茶ロールです。

小豆も自分で煮たので、甘さ控えめです。
お抹茶は、京都のとっても色鮮やかなお抹茶を使いました。

この時期にぴったりなロールです。



最近お気に入りのソイプリンも作りました。
e0199245_1995399.jpg

こちらは米飴やメープルシロップを使ったとっても優しいプリン。
カラメルもてん菜糖のカラメルです。

生クリームのように滑らかでクリーミーですが、
生クリームも卵も使っていないんですよ〜



来週は、鎌倉の打越山で、わたしのお菓子レッスンがあります♪
ご予約いただいた皆様に喜んでいただけるように頑張ります!
by kyaracyako-brog | 2013-04-10 19:18 | ケーキ | Comments(0)