<   2011年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

14年働いてきたワーカーズのパン屋さんが3月でお店を閉めたときに、形見?にもらったバヌトン型。
かなり年季の入ったバヌトン型です。
(パンを作らない方はわからないかな?  カンパーニュにぐるぐる模様をつけるための発酵用かごです)

お店のパンの中で、私が一番好きだったのがカンパーニュでした。
(カンパーニューは、フランスの田舎風パンのことです。)
だから、是非この思い出深いバヌトン型を譲り受けて、自分で焼き続けたいと思ったのです。

なかなか忙しくって作る時間がありませんでしたが、ここのところようやく使い始めて、
カンパーニュを堪能しています。

e0199245_15485168.jpg


ところで、

我が家のお弁当男子たち。。。
(主人がお弁当にしたら、息子もお弁当を持っていき始めたもので・・・)
食事代が浮く、、というのが第一の理由みたいなんですが、
毎日お弁当抱えて出かけていきます。

この前、合羽橋で、主人に買ってもらった念願のフィスラーの圧力鍋プレミアムは、
玄米が10分で炊けるので、本当に重宝しています!
買ったその日から毎日フル稼働していま〜す。
電気使わないし、省エネですしね〜

そう、実は我が家は全員ごはん党なんですが、たまにはパン食もよいかな、と思い
昨晩焼いたカンパーニュで、サンドウィッチに・・・
e0199245_1643132.jpg


















はるゆたかブレンドに、無農薬の全粉粉とライ麦全粉粉を加えています。
今回はホシノ酵母で、、、
カンパーニュにぴったりのクリームチーズやツナをサンドしてみました。 



テイクアウトには不向きですが、
とっても簡単な我が家の定番のクリチディップをご紹介します。

e0199245_16254292.jpg



















[材料]    

              クリームチーズ     1箱
              マヨネーズ          1cup
              長ネギのみじん切り    1cup
              セロリのみじん切り      1cup
              キャンベルのコーンポタージュ缶  (マッシュルーム缶でも◯)   1缶
              ツナ缶 (あればカニ缶でも◯)  1缶
              粉ゼラチン    7g
              水        35g

作り方はいたって簡単ですよん。

室温でやわらかくしたクリチに他の材料を全部加えて、水でしとらせたゼラチンを湯せんで溶かして加え、
冷蔵庫で冷やすだけです。

かなりたくさんできてしまいますが、半分の分量でもオッケイですし、小分けにして冷凍もできますからね〜

ちょっとしたパーティーに、食事パンとともに、タッパーなどに作って持ち寄っても喜ばれますよ。




今日は小学校の運動会を見に行ってきました。 晴れてよかったあ!!
精一杯頑張っている子供達の顔、、いいですね〜

うちの子ども達も、こんなとき あったな〜

カンパサンド、美味しかったかな?  お弁当男子諸君!


   
by kyaracyako-brog | 2011-05-31 17:07 | パン | Comments(2)
例年より12日も早く梅雨入りしてしまい、大量の洗濯物と格闘しています。
子供達は天気におかまいなく ドド〜ンと洗濯物を出してくれるんで、、、(汗)
しかもサイズの大きい大人ものや、何枚ものバスタオルばかり〜!!  

あ〜あ、お日様の有難さが身にしみてわかりますね〜

こんな湿った日には、
オーブンからバナナの甘〜い香りがしてくると、晴れやかなルンルン気分に・・・
南国からのおくりもの!
e0199245_22544154.jpg


発酵バターに、キャソナドー、国産小麦、無農薬のバランゴンバナナを使ったこだわりマフィン。
家庭で作るお菓子は、材料を吟味して
美味しくて、安全なお菓子を作りたい・・・♥  これが私のモットーです。


定番のダックワーズも作りました。
e0199245_2371396.jpg


生菓子もいいけど、焼き菓子はほっこりした魅力がありますね〜

パン職人仲間だったSちゃんのおうちで、パンパーティーがあって、お呼ばれしたので、
お土産に持っていきましたよん。

たくさんのパンとご馳走、お仲間たちとともに、美味しい楽しい時間を過ごしました。
一日中、本当に一日中降り続きましたね。

さて、今日のご注文は、ご一家が昔飼っていた茶トラのトラちゃん!
25歳になる息子さんのお誕生日のサプライズケーキです。

お子さん達が成長される過程で、きっとご家族の大切な一員だったのでしょうねえ。
e0199245_229221.jpg

e0199245_223654.jpg


この茶トラのご注文を頂いたとき、真っ先に思い浮かんだのが、イルプルの紅茶のお菓子

だって、表面の感じが見るからに、茶トラそっくりだったんですもの!!

アールグレイの茶葉をふんだんに加えたキュイエール生地に、濃いめに煮出した紅茶液で作ったジュレと、ムースを仕込んでいます。
トラちゃんのお肌にぴったりのクリームは、イタリアンメレンゲなんですよ〜
こちらも紅茶色に染めて、高温のオーブンでさっと焼きました。

もう1匹のグルンパちゃんは青い目のグレイの猫ちゃんだそうで、アイシングクッキーで。
e0199245_22413824.jpg


















たった今このご一家よりメールをいただきました!

今日のこのケーキは、顔をみた瞬間、涙が出そうになったそうです。
そしてご家族みんなで、頭をなでなでして、、、
再会の喜びをしみじみと噛みしめて下さったご様子を知らせていただけて

わ〜〜  私も感激ですぅ。。。

トラちゃん、グルンパ、よかったね。

甘苦いアールグレイのお味にも感激していただけました。


そして、どうしてもろうそくを立てられなかったので、考えた末、
どこに立てたと思います??

なんと、ひげのところに、3本3本ろうそくをさして、
ひげが、光り輝いてる画像を送ってくれましたぁ  (うちの家族も、大爆笑〜)
e0199245_017119.jpg








※ご注文主さまへ
ケーキをお届けしたときに、トラちゃんの大好物だった?! イカの一夜干し
いただきまして、ありがとうございました〜
さっそく我が家の晩ご飯に・・・       すっごく美味しかったで〜す♥

お誕生日おめでとうございます。
その名は、抹茶ときな粉のロールケーキ

e0199245_2147148.jpg

抹茶ときな粉という、和な素材をフランス菓子に仕立てたもの。
師、弓田亨氏の毎年の新作発表会[イルプルーの1年]で、昨年紹介されたお菓子だそうです。

でも、巻いてないのに何故にロールケーキかな?? って
素朴な疑問を抱いてしまうのは私だけではないと思うのですが、師のつけた名前を勝手に変えるにはいかないので。。。(笑)

キュイエール生地だけでも抹茶味がしっかりしていて美味しいです。
 
一番手が凝っているのは、きな粉のムース。
きな粉のクレームパテシェールとバターを合わせたムースリーヌに、パータボンブを加えています。

e0199245_22121832.jpg



















生地と、抹茶のクレームと、きな粉のムースを、上から下まで一緒に味わわないといけませ〜ん!

母のところにお土産に持っていきましたが、、、
いつも私のケーキの説明なんかろくに聞きもせず、美味しいおいしい!と、パクパク食べちゃう母なのです。
それがまた嬉しいんだけどねっ。
そう!ケーキには「うんちく」なんて、いらないのよね〜     おいしいものは美味しいんです!!


ところで東京も今日梅雨入りしましたね〜
明日は私の働いている小学校の運動会なのですが、なんかダメそうかな〜

明日天気にな〜れ!!
by kyaracyako-brog | 2011-05-27 23:00 | ケーキ | Comments(0)
杏のタルト、タルト・オ・ザブリコを教えていただきました。

杏の酸味が なんともいえず、好きです。
e0199245_17491825.jpg

今回はミニのタルトレット型で。

杏はこれから7月あたりに旬を迎えますが、これは、ドライアプリコットを使っています。
リキュールに漬込んだドライアプリコットを、ペーストにして、クレームダマンドの上にぬり広げ、漬込んだ
杏を上に並べています。
フレッシュな杏はもちろん美味しいのですが、
お菓子に焼き込む場合は、太陽の恵みがぎゅっと凝縮されたドライの方が、しっかりした味がだせるような気がします。

それにしても、タルトに、(と言ってはタルトに失礼でしょうか・・・笑)
これだけ手間をかけるのは、さすがイルプル!! としか言いようがありませんね。

e0199245_1891093.jpg




















この鮮やかなオレンジ色からは、なんか太陽のエネルギーをもらえそうな気がしませんか?
こちらは、昨晩からずっと雨が降り続いています。

そう、昨日の出張レッスンでご紹介した、もう一品は、、、
フラン・ナチュールでした。

フランスのパティスリーでは、定番中の定番のお菓子です。

e0199245_903591.jpg


















実は、レッスンにお邪魔しているお宅の奥様が、この度初めて銅ボウルを購入されたということで、
「それなら、銅ボウルを使って作るメニューにしなくっちゃね!」
と、選んだのがこれ・・・

ブリゼの生地に、クレーム・パティシエールを流し入れて焼いただけのシンプルなお菓子ですが、
バニラが香る優しいクレームが、何とも癒し系で、春に作りたくなるお菓子です。

ぴっかぴかの銅ボウルで、みなさん真剣な表情でつくっていましたよ〜
e0199245_9122972.jpg


召し上がるときに少し温めて、バニラアイスクリームを添えると、冷熱デセールになりますね。


クレーム・パティシエールはもちろん、ナッツのキャラメリーゼなどにも、たっくさん銅ボウルを使い込んで下さいね〜


今日はこれから自分のお楽しみで、ケーキを習いにいってきま〜す。
雨、上がるといいな。。。
突然ですが、まさか今頃また、お弁当作りが始まるとは予想だにしていませんでしたぁ〜 (汗)

4人の子供達のお弁当作りは、実にトータルで20年以上に渡ったでしょうか。。。!?
やっと解放されたと思っていたのですが、
ここへ来て、主人の会社の社屋が引っ越しとなり、そこには今までみたいに社食がないのですわ〜

・・・で、しばらくはお弁当屋さんで頼んでいたのですが、
そりゃあ飽きてもきますよね。

お弁当持ってく?
と、何気に発してしまった私のひと言に、目を輝かせて反応した主人!!

曲げわっぱの素敵なお弁当箱まで買って来ちゃったのだから、作らない訳にもいかないでしょ〜〜

先週から1時間早起きして作っていまっす。
ま、玄米弁当なんで、身体にもいいしねっ!  (※キャラ弁じゃないっすよ!)

お弁当の画像なんて、とっても恥ずかしくって載せられないんで、、、

たまにはこんなラップサンドはどうですかね〜
e0199245_18592011.jpg



















まあイーストですが、こねから1時間もかからずに、フライパンで焼けてしまいますので。
国産小麦粉「南のめぐみ」を使いました。

中身はな〜んでもあるもので、、、
ハーブチキンとか、めちゃめちゃ美味しいですよ!
(これは私のお昼用でして、生協の前日で、何もない、何ともさみしい中身ですぅ)

明日は晴れるかな?
by kyaracyako-brog | 2011-05-23 19:13 | パン | Comments(0)
今日は一転して肌寒い一日になりましたね。
色とりどりの薔薇が雨にぬれて、しとやかな気品を漂わせていました。



さて、こちらもつやっつやの色鮮やかさではひけをとっていませんよ〜

e0199245_1804269.jpg



















無農薬の甘夏で作りました。
ほろ苦さが何ともいえません。。。

これを使って作ったのがこちらのシフォンです。
e0199245_1855222.jpg


甘夏ピールのほろ苦さに、加えたオレンジジュースの香りも手伝って、
とっても優しい感じ・・・
オレンジのリキュールを加えた生クリームを添えても・・・

なんか、いくらでもいけちゃう、そんなシフォンです。


今日の出張レッスンで、ご紹介させていただきました。
旬の果物を使ったスィーツって、よいですよね〜
皆さま、是非作ってみて下さいね。

まずはピール作りからですよ〜  (笑)
これ、山型食パン!!  今焼き上がったばかり・・・

でも、
なんかヘンだな〜??    実におかしなお菓子なパン!
e0199245_21244755.jpg


そうなんですよ〜
実はこれ、ケーキなんです! (笑)

私が以前に働いていたパン屋さんが、諸事情によりこの3月で閉店したのですが
今日はそのお店の人達と、お疲れ様会がありました。
で、何か差し入れを・・・と思いついたのが、お店の一番人気だったこの山型食パンのケーキでした。

お店のロゴは、クッキーで。
e0199245_2225245.jpg



















8枚切りにしましょうか?  それとも6枚切りにしましょうか?
カットすると
ふわふわのパン生地ではなく、、、
苺たっぷりの6段重ねのオザマンドゥ生地ですが、

みなさまとっても喜んで下さいました。



たくさんの出会いと思い出を頂いたお店に改めて感謝した1日でした。
自家製自然酵母への熱い想いが膨らんで、ついに今日はお教室に習いに行ってしまいました。

今日教えていただいたのは、ヨーグルト&ラズベリーのM1X酵母で作るブリオッシュのようなおやつパン!
でした。
とってもしっと〜り、ふんわ〜り♥
ヨーグルトのほのかな香り♥

こんなふうにデコレーションしてあげると、立派なデザートになるんですね。
このようにデザートプレートにして・・・
苺と白ワインのミックス酵母で作ったグラニテもとっても美味しかった〜
e0199245_2261138.jpg



私はパンはがっつりハード系が好きなんですが、酵母の作り方やかけ継ぎのしかたなど、とっても勉強になりました。
e0199245_22185225.jpg


















自分でこねた生地を持ち帰り、家ではブリオッシュ型で焼いてみました。
状態のよい酵母は、力があるんですね〜
「これ美味しい〜」と言いつつ、主人と子供達のお腹にあっという間に消えていきました。

ホシノ酵母とはまた違った、何ともいえない優しい味わいがあるんですよね!
これぞ、自然の恵み・・・って感じかな。。。



明日からまた、酵母作りにはまりそ〜  (笑)
by kyaracyako-brog | 2011-05-19 22:51 | パン | Comments(0)