<   2017年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧



吉祥寺のお菓子教室 アトリエ粉うさぎです。

大好きなイルプルのバナナシフォンを作りました。
e0199245_18060718.jpg
最近はケーキ全般、小ぶりのものが主流ですね。

なのでシフォンも17㎝型で作ることが多かったのですが、
やはりシフォンは21㎝の大きなものの方が、シフォンらしいな・・・

美味しいイルプルのシフォンなら、このくらいあってもペロッと平らげちゃえますしね♡

いつもシフォンケーキを作るたびに、
「深堀先生、、、気泡の状態はこれで大丈夫です??」
「深堀先生、、、このくらいの卵白の泡立てて加減でどうです?」
と、天国の先生に語りかけています。
(イルプルの方しかわからないでしょうけれど、、、)

市販の一般的な、口の中でくちゅとつぶれて、そのまま飲み込まなくてはいけない
ようなシフォンを、何とかもっと美味しいものにしようと、
弓田先生と深堀先生が試作に試作を重ねられて、
[新シフォンケーキ 心躍る美味しさ] の本を出された時のことを知っているだけに、
完成された、本当に美味しいシフォンケーキの数々を今こうして作らせていただけることに、感謝せずにはいられません。


どれも美味しいですが、私はドライプルーンが一番好き♡
次にバナナ、苺、ごま、抹茶・・・
あ~どれも美味しい!甲乙つけがたい!!(笑)

ありがとうございます、深堀先生。。。



さて昨日はLessonで、甘夏のパウンドケーキを作りました。
e0199245_18072394.jpg
この時期、結構な数の甘夏をむいてます!
ピールを作るために皮は要るんだけど、実はねえ~~
どちらかというと、柑橘類が苦手なのです(-_-;)

旦那さんに大量の甘夏をせっせと食べてもらっています!(笑)


1本のパウンドに200gものピールが入るので、生地の段階ではピールだらけなんですが、
食べてみると、ちょうどよいくらいなんですよ。
この苦みがまたいいんですよね~

卵黄が多いため、とても黄色がきれいでしっとりしたパウンドケーキです。

たくさん焼きましたね、
おつかれ様でした。


e0199245_18081184.jpg
吉祥寺の雑貨屋さん、燕マルクトさんでみつけた、目盛付きのカップ。。。
オランダのものだそうです。

斜めのカットの角度が微妙にみんな違うのです。
そういうの、いいな





吉祥寺のお菓子教室 アトリエ粉うさぎです。

焼き菓子、美味しいおすすめたくさんありますが、
このピーナッツのクッキーは、私の好きなもののひとつです。

e0199245_22445892.jpg

なにせピーナッツ好きなものですから、
この大ぶりの大きさ、、結構ボリュームはありますが、途中でやめることできません。(笑)

イルプルのことですから、副材料がいろいろ入りますので、ね!

e0199245_22441277.jpg
こちらは定番、大地ヘーゼルナッツのブラウニー

今、ヘーゼルナッツも欠品中で、1キロは買えませんでした。
バニラビーンズも考えられないくらいの高騰で、
お菓子作り愛好家にとっては、厳しい世の中になりました。

町のパティスリーも、ケーキがちっちゃくなったり、材料の品質を落とさなきゃならなかったり、、きっと大変だと思いますよ。。




話はお菓子から移りますが、

先日、実家の母に本をプレゼントしました。
佐藤愛子さんの「90歳。何がめでたい」というエッセイです。

ベストセラーになっていると聞いて、書店で手に取ってちらっと読んでみたら、
まあ、思わず吹き出してしまうほど痛快!
佐藤さんの軽快かつバッサリと斬る切り口が、小気味良いほど面白くって、、、

そして、なんと私の母と佐藤さんは一つ違いの、今は94歳なのです。

だから書かれていることと、私が母からいつも聞いていることの共通項があまりにも多くて多くて、
  ※ただし母は、佐藤さんのような毒絶ではありませんが…(笑)

これは絶対母が読んだら、
共感して喜ぶだろうな~と思い、早速Amazonで注文して実家に送りました。

毎晩母に電話をしているのですが、
ちょうど今日はAmazonから届いているだろうな、という日に、
きっと母の方から「本、ありがとう! 面白すぎる!」
という感想とお礼の言葉が電話の向こうから聞けるだろうな、、
と思っていたのですが、、
いつまで経っても話が出てこない。
これはおかしいぞ?と思い、「ねえ本、届かなかった?」と切り出すと、

母はぽかんとして、(顔は見えません)
え?????
なんでその本のこと知ってるの?

今日届いて、あまりにも面白くって、一気に読み終わっちゃったから、
今度来た時に、あなたにも貸してあげようと思っていたのよ。
なんで今日届いたの知ってるのぉ???

え~~~~~
それ、頼んであげたの、私なんですが。。。。。大汗

うそ!!
え??
なにそれ?

まるで、佐藤さんのエッセイの続きのような、トンチンカンな会話を繰り広げてくれた母のなのでした。

さすが93歳!!!!!


実はよ~く冷静に聞いてみると、真相はこうでした!

母はテレビでその本のことを知って、ぜひ読んでみたいなと思っていたら、
生協のチラシに出ていたのだそうで、、

そしたらその2、3日後に送られてきたので、
てっきり自分が生協で頼んだものが届いたと思い込んでいたそうなんです。
でも実際はまだ頼んでいなかった・・・(笑)

私と母とのタイミングのなんたる絶妙なことか・・・
親子ですね~

その後、もちろん私は母からお借りしてきて(笑)
全文一気読みさせていただきましたよ~




そういう母なのです! 
やっぱ、佐藤さんと同年代だあ~~~

母は、長生きなんて、ちっともめでたくない!!とは言わないものの、
早くお迎えが来ないものか・・・
もういい加減いいわ・・・

と時折会話の中に出てくることも事実!

佐藤さんのエッセイは、毒舌の中にも、考えさせられるお年寄りの一抹の思いも
感じられて、、
改めて母も、長生きだからこその寂しい思いや複雑な思いはあるんだろうな、、
と思い、でも母には
そんな思いはさせないように私は心を配らないとな、、、と
しみじみ思ったのでした。

夜遅く、長文失礼!!








吉祥寺のお菓子教室、アトリエ粉うさぎです。

今日も暑かったですね~
日傘がいりますね!  それほど日差しが強かったです(-_-;)


そうなると、粉もののお菓子より、冷たいつるんとしたデザートがほしくなります。

e0199245_22264806.jpg
e0199245_22265921.jpg
はちみつ寒天ゼリーに、パンナコッタを合わせてみました♪

ただ残念なことに、ゼリーにたくっさん入れた柑橘の実が全然みえない~~
グラスが低すぎました。。。

今日はオーガニックのニューサマーオレンジを使っています。
程よい酸味のゼリーを、パンナコッタのこっくりとした甘みが包んで、
美味しくできました!!


今日はいくつでも食べられちゃう~






アトリエ粉うさぎです。

今日も真夏日です。
まだ5月というのに・・・


こんななので、お菓子教室のメニューも、夏メニューの試作をしなっくっちゃ!
と慌てています。汗

先日、出張教室で生徒さん宅に伺ったのですが、
お庭がとても広い邸宅ですので、まあそれはそれは、いろいろなお花や実でいっぱい!

檸檬はたくさんの蕾をつけていて、これからが楽しみ♡
ブルーベリーもブラックベリーも、フランボワーズまで!!

もし私がここに住んでいたなら、
次々に作らなきゃいけないお菓子が出てきて、あたふたしてしまうかも。。。と思いながら、
ちゃっかり、実がなったら声かけてね~と。。。(笑)


そうそうローズマリーも、木の枝みたいになっていました。

e0199245_15020249.jpg
これはドライですが、
アリサンのオーガニックのものを、ゴリゴリと挽いて、玄米粉のクッキーに入れてみました。

このすり鉢、吉祥寺のお気に入りの雑貨屋さんで見つけて、愛用しているもの♡
e0199245_15323756.jpg
小ぶりで、とても手にしっくりと馴染みます。

「つばめマルクト」さん
オーナーさんがちょくちょくヨーロッパに買い付けにいかれるので、
こまめに覗くと、アンティークな小物で、掘り出し物があるんですよ♡


ゴリゴリしていると、ローズマリーの香りがすごいです!

e0199245_15015193.jpg
白崎先生のレシピをアレンジして、塩味ベースにしてみました。

サクほろっで、とっても美味しくできました。










アトリエ粉うさぎです。

何日か前、襖の桟(さん)を拭き掃除していたら、木のささくれだったところが爪の中に思いっきりズバッと!!刺さってしまいました。
何とか自分で取れないものかと、針を焼いてほじくってみたりしたけれど、頭が出てない棘だったので、全く取れず、
ずき、ずき、ずき・・・・・

翌日外科に行ったら、麻酔されて、爪をカットして取ってもらいました。
「麻酔してても、指先は神経が過敏だから、痛いですよ〜」
と先生がおっしゃった通り、
痛かった!!
麻酔の注射も指の根元って、めちゃめちゃ痛い!!

その日は包帯ぐるぐるでしたが、今はもう絆創膏のみで、あとは爪が生えてくるのを待つのみです。

その先生曰く、
「随分と年季が入った木でしたね〜」と。。。
「そうなんです、先生。うち随分と古い家なもので〜〜」

そこ!?

なんか、その会話がすごく可笑しくて、痛みもちょっと和らいだ気がしました。


主人からは、必ずなんかやらかすから、しばらく掃除するな!
と言われていますが、
じゃあ、代わりにやってくれるのかって言えば、ねえ・・・

とにかく落ち着いて、物事に取り組むようにいたします。笑


さて昨日、
一週間遅くなってしまいましたが、母の日のケーキとお花を持って、母のところに行きました。
e0199245_00115596.jpg
ひとりなので、小さめのケーキにしました。

ブランボワーズのムースです。
フランス、アピチュニオン社のピューレと、イルプル厳選のオードヴィ&リキュールを惜しげもなく使っているので、
本当に、ザ・フランボワーズ!!という感じの濃ゆい味わい。
でもそれがホワイトチョコレート入りの生クリームとの組み合わせで、とても優しい味わいになっています♡


e0199245_23455177.jpg

e0199245_23460313.jpg
母も、とっても喜んでくれて、爽やかでとても美味しい♡と食べてくれました。
よかった〜〜

e0199245_00114109.jpg
プレゼントにするには
この大きさがとても気に入っています。

100×150×5

これで作ると、18×18の分量そのままで2台できます。

1台はプレゼントに、1台は自宅用にと、できるので、
カット断面の撮影もできますもんね!

お菓子とパン以外の仕事を整理したので、
母のところにゆっくり行ってあげる時間ができるようになりました。

今しかできないことを、気持ちを込めてやれる時間がとても愛おしい。。。
と、しみじみ思う今日この頃です。





アトリエ粉うさぎです。

本来は新緑が美しい過ごしやすい季節なはずですが、
何だか暑かったり寒かったりが著しい今年ですね〜


さて、今月のお菓子レッスンで作っているお菓子です。
e0199245_23452468.jpg
リモンチェロ
レモンのリキュールの名前がお菓子の名前になっています。

組み立ては、下からダックワーズ/ブランマンジェ/フランボワーズ/ムース・シトロンベール/ジェノワーズ・ムースリーヌ/
イタリアンメレンゲ。
5つのパーツを作らないといけないので、ちょっと大変ですが、ひとつずつの作業は難しいものではありません。

シトロンベール=ライムのことです。
ライム果汁の効いたムースと、ブランマンジェのビターアマンドな香りが涼しげに重なり合うお菓子で、まさに初夏にぴったりなお菓子!!
e0199245_23453498.jpg
仕上げは、メレンゲに焼きを入れて(笑)完成です〜

e0199245_00112632.jpg
焼き色をつけないように焼いたジェノワーズ・ムースリーヌの黄色が、アクセントになって、フランボワーズがより映えて、とってもきれいですね。



焼き菓子レッスンでは、
e0199245_23451363.jpg
大地ヘーゼルナッツのブラウニー

e0199245_23444536.jpg
フィナンシェのレッスンもさせていただきました。

どれも喜んでいただけて、よかったです。


今日は、ケーキとお花を持って、
一週間遅れの「母の日」を、母とふたりでのんびり過ごしてきました。

母にはいくら感謝してもしても、したりませんね。
93歳で、元気でいてくれているだけで、本当にありがたいです♡




お菓子教室 アトリエ粉うさぎです。

杏の季節には少し早いですが、冷蔵庫に残っていた杏の缶詰をそのまま食べるのも惜しいので、
プティタルトにしてみました。

e0199245_00184954.jpg

ナチュラルスイーツです♪

クレームダマンドには、ノヴァの美味しいドライアプリコットを少し火を入れて戻して、加えてみたところ、
ドライとフレッシュが合間って、結構美味しく出来ました。

最後、アプリコットリキュールを寒天で少し煮て、ツヤ出ししています。

ビタミンカラーから、元気をもらえそう〜