クレーム・オ・ブール
卵黄に熱いシロップを注いで作る、バタークリームです。

こんな寒い日には、こんなほっこりした温かみのあるクリームを使ったロールケーキはいかがかな〜
と思い、レッスンメニューに選びました。
e0199245_23515416.jpg


オレンジ風味のロールケーキ、イルプルの早い春の陽だまりです。
春はまだまだ、冬を越さないと、ですけどね〜

ビスキュイ・オザマンドゥにも、ポンシュにも、キャラメリーゼしたスライスアーモンドにも、
オレンジのペーストを加えています。

そして、オーブールさまには、ヘーゼルナッツのプラリネを加え、さらにバージョンアップ!

お気に入りのオーガニックコーヒー、『森のコーヒー』とともに・・・♥

ひと切れで満足のいく一品です。
キャラクッキー・・・
教えて差し上げるほどでもないのですがねぇ〜
何回か、ならいに行った事はあるんですが、結局は色々な先生の良いところだけ盗んで、あとは自己流!!

でも構わない、という事で
作りたいキャラの画像をコピーして持って来て頂きました。

e0199245_23151257.jpg


どうです?
なかなかのものでしょう〜?!

ふたりで黙々と、世界に入り込んでしまいましたぁ

とっても愛おしそ〜うに、大切に持って帰って下さいました。
また作品できたら、見せて下さいねっ。     お疲れさまでした。




こちらは、全くアイシングクッキーが初めての方々が、取り組んで下さった簡単バージョン・・・
クリスマス版です。

e0199245_23294568.jpg




















アイシングクッキーの楽しい世界へようこそ〜
    って感じです!
ハマる人はハマる世界なのですわ〜

皆さんもいかがですか? (笑)
倖田來未のファンなら知っている「倖田クマ」
かわいいですねっ!

以前にも、作って娘のお友達にプレゼントした事があります。

e0199245_23452484.jpg


いつも私のケーキを楽しみに頼んで下さっている方から、
今回は息子さんの彼女さんのお誕生日にプレゼントしたいとの事・・・

いいな〜 家族ぐるみで彼女さんとも仲良しで!

ケーキはお任せされちゃったので、、、
イルプルのビッシュ・オ・フランボワーズをトヨ型でなく、丸型で作り、顔型立体に仕込みました。
 
アピチュニオン社のフランボワーズピュレをふんだんに使って、リキュール&オードヴィで、香りとコクを・・・
生地はビスキュイ・オザマンドゥです。
周囲のクリームは、ホワイトチョコレートを加えたシャンティ・ショコラ・ブラン
髪の毛はホワイトチョコレートにミルクチョコレートをほんのちょっと加えて、色を作りました。
フランボワーズと、ホワイトチョコレート(イボワール)は、よく合いますもんねっ。

酸味の効いたフランボワーズがお好きなご家族ですので、きっと彼女さんにも気に入って頂けると思います。

お誕生日おめでとうございます。
末永く お幸せに〜
手ごわそうなキャラクターで、恐縮です・・・

と、遠慮がちにご注文下さったのが、こちらのケーキです。
e0199245_18395334.jpg


『仮面ライダー オーズ』        だそうです。

うん十年か前、うちの子供達が好きで、よく後楽園遊園地にショーを見に連れて行った、あのときのキャラクターは、なにレンジャー?!だったか・・・

持って来てくれたお祭りのお面とにらめっこしながら、手強い相手と格闘させて頂きましたよ〜

ケーキは、チョコ系で、とのことでしたので、ビスキュイ・オザマンドウ・ショコラに、ショコラムース。
半球型に仕込み、周囲をショコラのバタームースで覆いました。
イルプルのルセットゥです。
イタリアンメレンゲ入りのバタームース、、、コクがあるのに軽くなめらかで、美味!
師範試験のとき、頭と体にたたきこんだので、ちょっぴり自信がついたバタームースです。

オプションで、『コアメダル』もつけて〜とな・・・
  なに?  『コアメダル』 って!
持って来てくれたブックをみてみたら、クリアーのメダルじゃあないの!!

アイシングクッキーじゃ、クリアーさは出ないし・・・
そこで、クッキーに佐久間のドロップ買ってきて、溶かして流しこみました。
 みえるかなっ? 心配だぁ〜
模様までは書けずにごめんなさ〜い

5歳のお誕生日、ご家族で素敵なひとときをお過ごしください。
      (ちなみに、以前ワンピースのルフィを作らせて頂いたお姉様の、弟さんです。)
南部せんべい、、、『ゴマ』と『ピーナッツ』どっち??     (山ピーじゃないけど・・・笑)

わたしは絶対、ピーナッツ!!
 
そんなピーナッツ好きには絶対気に入ってもらえるクッキーです。
e0199245_22513586.jpg


千葉県産のピーナッツを濃いめにグリエして、たっぷり入れたのはもちろんのこと、
それだけで終わらないのがイルプル流!
キャソナッド(フランスの赤砂糖)も入るは、ハチミツも百花蜜使うは、プラリネ・ノワゼットも入るは、、、

ひと言で、クッキーと言ってしまうには、おそれおおいほど、フランスな材料をふんだんに使っている。

でも、でも!
食べると、ピーナッツクッキー・・・
素朴なピーナッツクッキー・・・
最後に口の中に、ふう〜っと広がる百花蜜の香りが、何ともほっとするクッキー・・・

何の奇もてらっていないのだ。

ひとつだけ困った事には、と・ま・ら・な・い       のだ。
     
# by kyaracyako-brog | 2010-11-10 23:11 | 焼き菓子 | Comments(0)