朝晩はめっきり寒くなってきましたねっ〜

焼き菓子のセットのご注文を頂きました。

こういう季節には、ちょっと重めのこうした焼き菓子、お茶のお供によいのでは・・・
e0199245_8433528.jpg


色もきれいで、味も濃い京都のお抹茶を使っています。
大納言小豆をクレーム・オ・ブール(バタークリーム)とともに、サンドしています。

ミモザをイメージしたデコクッキーを添えてほしいとのご依頼で、
ガレット・ブルトンヌと、スパイスクッキー(スペキュロス)とともに、こんな感じのセットにさせて頂きました。
e0199245_928012.jpg





















連日、イルプルの友人がオープンさせた、焼き菓子のお店に応援に行っています。
昨日はほぼ完売!!
また写真を撮ってきたら、ご紹介しますね〜
# by kyaracyako-brog | 2010-11-06 09:12 | 焼き菓子 | Comments(0)
みかん箱の中に入れられていた正体不明の不思議な動物・・・
箱を開けたワニのゲーナが、いくら起こしても、またばったり倒れてしまったところから、
『ばったり倒れ屋さん』=『チェブラーシカ』
という名前がついたそうです。

名前の付け方もとってもかわいいですね〜!

今日は6歳のお嬢さんのお誕生日ケーキのご注文を頂きました。
チェブラーシカが大好き!
チョコレートケーキが大好き!

な・・・女の子だそうですよ〜

e0199245_14222158.jpg


お顔の部分はムース・ショコラ
ココアパウダーを使わず、チョコレートのみで作ったソフトな生地と、底にしいたカリカリのフィアンテ−ヌのバランスがとれているム−スです。ペック社のゲアキル使用なので、甘さ控えめ・・・

からだとお耳は、シンプルなチョコレートケーキ   
 ジェノワーズ・ショコラと、ボンブ入りの濃厚なチョコレートクリームです。

つめも1本ずつチョコですよん!
でも、ばったり倒れるようには作れなくって、ごめんなさ〜い(笑)

初めてご依頼を受けた方なので、どうかな〜
お嬢さんに喜んで頂けると嬉しいな〜
心を込めてつくらせて頂きました。   6歳、おめでとうございま〜す。


さて今日はこれから、友人が今週末、焼き菓子のお店をオープンするので、お手伝いに行ってきま〜す!
エプロン持って、、、
今日はハローウィン。

六本木に出かけたら、途中仮装した若者達にいっぱい出会って、愉快でした!
骸骨のでっかいかぶり物の2人が、そこら中のお店の窓ガラスに顔をくっつけて、ガオ〜ッと叫んでるのが面白かったです。

我が家のディスプレイは、こんな感じです。

e0199245_22281398.jpg


いつものキャラターのデコクッキーに比べれば、とっても簡単っ!   色も3色だしね〜
でも、買うとなると、デコクッキーは驚くほどお高いんですよ〜!  (今日ミッドタウンでも、1枚¥400近くもしていましたぁ )

陶器で焼いたのは、パンプキンチーズスフレ
キリのクリームチーズに、メープルシロップ、サワークリームを加え、メレンゲを加えて、湯煎焼きしています。
あっつあっつを頂くもよし、冷やして頂くと、チーズの味が引き立ちます。


しかし、娘に、あとから「カボチャはやっぱ、ジャックランタンでなきゃ、感じ出ないよ!」と指摘され、、、
あわててジャックランタンにしたのが、こちら・・・e0199245_948037.jpg



















子供っぽくなるかと思って、あえて顔を入れなかったんですが、
なるほど〜!
こっちの方が、ずっとハローウィンの雰囲気がでますね〜

近所のお子さんに、プレゼント!

    
モンブランを受け取りに来て下さることになっていた方から、急遽!!
「ついでにシュークリームもできますかぁ?」とのご注文で、、、

仕事から帰ってから急いでとりかかった、シュークリーム。正式にはシュー・ア・ラ・クレーム・・・
e0199245_1951837.jpg


よくシュー皮だけが積み上がっているお店があって、「ご注文が入ってからクリーム詰めます!」
をうたい文句にしているところ、ありますよね〜
もちろんそういうお店は、シュー皮をストックしておく、ちゃんとした設備があるんでしょうけどねっ。

でも家庭では、シュー皮は焼き上がって、冷めたところですぐにクリームを詰めないと、どんどん皮が乾燥してしまって、
バリバリで美味しくないんですよ。

そう言った意味では、
今日みたいにご注文いただいて、作って、即取りに来ていただき、帰って即召し上がっていただく・・・
というこの一連のパターンは、まさにベスト!!!

クリームは、イルプル流〜 
カスタードと生クリームを混ぜるのですが、混ぜない加減・・・これ大事!
# by kyaracyako-brog | 2010-10-30 19:26 | ケーキ | Comments(0)
栗の加工はとっくに済んでいたのですが
もろもろ忙しく、なかなかモンブランにならず、、、

やっと作ることができました!

もう何故か季節は秋ではなく、冬になってしまい、雪をかぶったモンブランにしなくては・・・!
と思ったほどでしたぁ(汗)

e0199245_1817261.jpg


このモンブランは、あの六本木のミッッドタウンにある『トシ ヨロイズカ』の鎧塚さんに、もう何年も前に教えてもらったルセットです。
まだ恵比寿で、小さなお店をやっていた頃、単発でお教室というか、お店のカウンターで、目の前でデモンストレーションをしてくれて、その場でデセールにして出して下さる、美味しい企画でした。

ヘビーですが、これひとつでモンブランをしっかり堪能できる一品で、今までいろいろな方に食べて頂きましたが、皆さん美味しいといって下さるので、それ以来毎年作っています。

e0199245_18413080.jpg



















パータ・フィロのまん中にクレームダマンドを絞り、栗のシロップ漬けを埋め込みます。
栗をど〜んと置き、バニラビーンズのみを加えた無糖のシャンティーを高く絞り、マロンクリームで周囲をおおいます。
マロンクリームは、ムラングイタリエンヌを入れたバタークリームに、クレームパティシエールと、パート・ド・マロンを加えた、リッチなクリームになっています。

粉糖で、雪を降らし、グラニテの焼いたものをのせて、完成で〜す。

パータ・フィロがパリッパリのうちに、ざっくり!!  いっちゃってもらいたいです。

ご注文頂いていた方々、、本当にお待たせして申し訳ありませんでした。
栗の甘みが今年は少なくって、それは本当に残念でしたが、、、ご堪能いただけたでしょうか?
# by kyaracyako-brog | 2010-10-28 19:02 | ケーキ | Comments(1)