倖田來未のファンなら知っている「倖田クマ」
かわいいですねっ!

以前にも、作って娘のお友達にプレゼントした事があります。

e0199245_23452484.jpg


いつも私のケーキを楽しみに頼んで下さっている方から、
今回は息子さんの彼女さんのお誕生日にプレゼントしたいとの事・・・

いいな〜 家族ぐるみで彼女さんとも仲良しで!

ケーキはお任せされちゃったので、、、
イルプルのビッシュ・オ・フランボワーズをトヨ型でなく、丸型で作り、顔型立体に仕込みました。
 
アピチュニオン社のフランボワーズピュレをふんだんに使って、リキュール&オードヴィで、香りとコクを・・・
生地はビスキュイ・オザマンドゥです。
周囲のクリームは、ホワイトチョコレートを加えたシャンティ・ショコラ・ブラン
髪の毛はホワイトチョコレートにミルクチョコレートをほんのちょっと加えて、色を作りました。
フランボワーズと、ホワイトチョコレート(イボワール)は、よく合いますもんねっ。

酸味の効いたフランボワーズがお好きなご家族ですので、きっと彼女さんにも気に入って頂けると思います。

お誕生日おめでとうございます。
末永く お幸せに〜
手ごわそうなキャラクターで、恐縮です・・・

と、遠慮がちにご注文下さったのが、こちらのケーキです。
e0199245_18395334.jpg


『仮面ライダー オーズ』        だそうです。

うん十年か前、うちの子供達が好きで、よく後楽園遊園地にショーを見に連れて行った、あのときのキャラクターは、なにレンジャー?!だったか・・・

持って来てくれたお祭りのお面とにらめっこしながら、手強い相手と格闘させて頂きましたよ〜

ケーキは、チョコ系で、とのことでしたので、ビスキュイ・オザマンドウ・ショコラに、ショコラムース。
半球型に仕込み、周囲をショコラのバタームースで覆いました。
イルプルのルセットゥです。
イタリアンメレンゲ入りのバタームース、、、コクがあるのに軽くなめらかで、美味!
師範試験のとき、頭と体にたたきこんだので、ちょっぴり自信がついたバタームースです。

オプションで、『コアメダル』もつけて〜とな・・・
  なに?  『コアメダル』 って!
持って来てくれたブックをみてみたら、クリアーのメダルじゃあないの!!

アイシングクッキーじゃ、クリアーさは出ないし・・・
そこで、クッキーに佐久間のドロップ買ってきて、溶かして流しこみました。
 みえるかなっ? 心配だぁ〜
模様までは書けずにごめんなさ〜い

5歳のお誕生日、ご家族で素敵なひとときをお過ごしください。
      (ちなみに、以前ワンピースのルフィを作らせて頂いたお姉様の、弟さんです。)
南部せんべい、、、『ゴマ』と『ピーナッツ』どっち??     (山ピーじゃないけど・・・笑)

わたしは絶対、ピーナッツ!!
 
そんなピーナッツ好きには絶対気に入ってもらえるクッキーです。
e0199245_22513586.jpg


千葉県産のピーナッツを濃いめにグリエして、たっぷり入れたのはもちろんのこと、
それだけで終わらないのがイルプル流!
キャソナッド(フランスの赤砂糖)も入るは、ハチミツも百花蜜使うは、プラリネ・ノワゼットも入るは、、、

ひと言で、クッキーと言ってしまうには、おそれおおいほど、フランスな材料をふんだんに使っている。

でも、でも!
食べると、ピーナッツクッキー・・・
素朴なピーナッツクッキー・・・
最後に口の中に、ふう〜っと広がる百花蜜の香りが、何ともほっとするクッキー・・・

何の奇もてらっていないのだ。

ひとつだけ困った事には、と・ま・ら・な・い       のだ。
     
# by kyaracyako-brog | 2010-11-10 23:11 | 焼き菓子 | Comments(0)
有名のパティスリーをのぞく機会があると、ひとつは買ってみる・・・(→けちくさい訳じゃないよっ)
どこのお店にも必ずおいてあるコレ・・・

だって、いたってシンプルな材料だから、美味しいか美味しくないか、、、
良い材料を使っているかいないか、、、
丁寧に作っているかいないか、、、
即!わかるから。

e0199245_23171086.jpg


な〜んて、偉そうに・・・
自分が考えたルセットゥでも、みつけて来た材料でもないのに・・・(汗)
もちろんイルプルーのルセットゥと材料ならではのこの美味しさなんですがね!

しかし!  実のところ、代官山のイルプルーのパティスリーで買ったものより、自分で作ったこの方が美味しいのです。(笑)

なぜって、焼きたての、表面はカリカリッ〜、中はしっと〜りした、このコントラストが味わえるのは、
自宅で焼いたものだけが味わえる醍醐味なんです。

焼いているときの、オーブンから漂ってくる焦がしバターのよ〜い香り、発酵バターならではの香り・・・
多くのルセットゥが、この焦がしバターの沈殿物を漉してしまって、生地に入れないのはなんでなんだろ??
これが、この美味しさの秘密のひとつでもあるんだけどな〜

e0199245_18104590.jpg



















時間が経つと、このコントラストがなくなり、全部おんなじ食感になってしまうのが、残念ですが、、
マルコナ産のアーモンドパウダーが十分に良い仕事してくれているんで、、、
袋詰めすることにいたします。

焼き菓子のご注文頂いていますので、、、詰めないわけには参りません

そう!  この子の名は、フィナンシェでございます。
# by kyaracyako-brog | 2010-11-09 18:23 | 焼き菓子 | Comments(0)
名前からいえば、バトー=舟  なんですが、、、

この紅葉の時期には、どうも「木の葉」にみえて仕方ないので、
こんな画像になってしまいました・・・

e0199245_1639287.jpg


生地は、アーモンドパウダーの入ったメレンゲ生地で、とっても簡単なんですが、、、
何が大変って、、、
木の葉型? 舟型にすり切った生地に、一枚ずつスライスアーモンドを並べて焼いたものに、コーティングホワイトチョコレートとアーモンドローストペーストを加えたものを、さらに一枚ずつマスカージュしていきます。

さらに、、、
卵黄入りのクレーム・オブ−ルにヘーゼルナッツのプラリネを加えたものを、接着もかねて一枚ずつに薄く塗り、4枚重ねにします。

この気の遠くなるような手間を惜しまない者だけに・・・
この幸せの味を噛み締めることができるのです! (大袈裟かぁ!)
e0199245_17204938.jpg




















今日はパンプキンロールと、このバトー・オザマンドゥがレッスンメニューだったので、皆さんで力を合わせて、もくもくと作業して下さいました。
お持ち帰り分は3枚重ねにして、数を増やしましたが、3枚でも十分満足できましたよ〜!

皆さん、本当にお疲れさまでした。