今作らなくって、いつ作る?
っていうくらい、今しかできないポワールのお菓子・・・

そりゃあ缶詰のポワールを使えば、一年中作れますとも!
・・・でも、国産の、山形の、フレッシュな洋梨は、今しかないのです!

さっそく買い求め、白ワインでコンポートにしましたよ〜

ルセットゥは、イルプルのイタリアンメレンゲが入らない簡単バージョン、、、
ですが、見くびる事なかれ!   イタリアンメレンゲが入らなくっても、このコンポートをピューレにして加えているので、とっても香り高く、やさし〜いお味!!

e0199245_23234743.jpg


上面にのせるコンポートは、そのまんまのせると、せっかくのかさかさっとした食感が特長のビスキュイ・ア・ラ・キュイエールが台無しになってしまうので、コーティング用のイボワールを下にぬっています。
 
e0199245_23341075.jpg



















とってもデリケートな洋梨は、重ねて煮ると、あたった部分の色が変わってしまうので、一列に整列させて、
煮ています。
たくさん作る私などは、同じ作業を何回か繰り返さないといけませんが・・・(汗)

今年の第1号は、今日実家の母に持っていきました。
とっても美味しい〜 と、いっぺんに2つも平らげてくれました。
美味しい〜! と喜んで食べてもらえるときが、作り手の私も一番嬉しい瞬間です!


もうすぐ、頼んである栗が届くかなっ
母の大好きな栗の渋皮煮、、、作ります!
# by kyaracyako-brog | 2010-09-27 23:51 | ケーキ | Comments(0)
めっきり涼しく、、、を通り越して、寒い!
まったく何を着ればよいのか?、、、もう冬物を出さねばならないくらい・・・
つい何日か前までは、汗だらだら流してたというのに・・・

さて、こうも寒いと、お菓子の方も、タルトとか、パウンドとか、ちょっと重い系のものが恋しくなりますね〜。

こちらは、今年の夏のドゥニ氏の講習会で教えて頂いたお菓子です。
e0199245_192651.jpg





















パウンドといえども、作り方は、「ビスキュイ・オザマンドゥ」の行程とまったく同じ・・・!
という、いっぷう変わったパウンドです。

ローマジパン、プラリネ・ノワゼットゥ、ペック社のスーパーゲアキルとベネズェラというチョコレートが入る、とってもリッチなケックになっています。

秋の夜長に、美味しいコーヒーのお供に最適なお菓子です。
# by kyaracyako-brog | 2010-09-26 01:26 | 焼き菓子 | Comments(2)
この急激な温度差ったら、なんなのでしょう・・・
体がついていかれません。

しかし、オーブンは全開!

また、あのイルプルーのスペシャリテ! 塩味のクッキーが焼ける何ともいえないスパイシーな香りが、部屋中に広がりました。

e0199245_0145045.jpg


この細長い物体は・・・というと、なんと、[黒胡椒]なんですよ!  ロングペッパー!!
この前、自由ヶ丘のスパイス専門店、『レピス・エピス』に立ち寄ったとき、あまりのスパイスの多さにびっくりでしたが、お店の方に「お薦めのブラックペッパーありますか?」と、聞いたところ、お菓子に使うならこちらがお薦め!と、出してくれたのがこれでした。

今回、初めて使ってみたのですが、挽いているときにも、ただあの胡椒独特の、くしゃみ出そうな香りだけでなくって、なんか甘いような魅惑的な香りが漂ってきたのにはびっくり!

ご注文でしたので、壊れやすいデリケートな君なもので、慎重にラッピングさせていただきました。
e0199245_0364841.jpg

う〜ん、久々のこの味・・・寒いくらいの今日でも、ビールが欲しくなります。
# by kyaracyako-brog | 2010-09-24 00:43 | 焼き菓子 | Comments(0)
以前のエグザエルのケーキをご覧になった方から、『嵐』はできませんか? とのお問い合わせがありました。

う〜ん、エグザエルは、あつしとたかひろの2人でしたが、嵐は5人・・・
できるかな〜?!

手法は同じチョコレートでの線書きです。

e0199245_21124981.jpg



















腕の未熟さゆえに、、、、
顔だけで5人を識別してもらえないといけないので、髪の色を全員変えてわかってもらうしかないっ!    と思った訳で・・・
カカオ分の多いチョコとホワイトチョコとを微妙に配合を変えて、 髪の色を作り出す事に、精魂傾けましたっ!

アントルメは、昨年のドゥニさんの講習会で教えて頂いたタンドレス

粉の入らないビスキュイ・オザマンドゥ・ショコラ・ムワルーの生地、フランボワーズペパンのジュレ、卵黄のボンブを加えたサバイヨン・シャンパーニュ・ロゼ、ムース・ショコラの組み合わせ。

タンドレス=やさしさ の名の通りの上品な口溶けのケーキです。

11歳のお嬢さんのお誕生日に、プレゼントされるそうです。

喜んで頂けたかな?
それとも、似てな〜い、、とかがっかりしてたら、ごめんなさ〜い!
以前、我が家にみえたとき、このケーキをお出ししたのですが、そのときの味が忘れられなくて・・・と、
ご注文頂きました。

ロゼ・シャンパーニュを惜しげもなく使ったムースリーヌ、白桃もシャンパーニュで、マセレしています。
生地は3種類、、、
ビスキュイ・オザマンドゥ、ビスキュイジョコンド、マッス・マカロン
それぞれが重要な役割を果たしていて、どれもはずせないのです。

e0199245_20443595.jpg


ほのかなピンク色が、かわいいアントルメです。
# by kyaracyako-brog | 2010-09-20 20:47 | ケーキ | Comments(0)