5歳のお嬢さんのお誕生日のお祝いのケーキは、『栗のケーキ』でお願いします・・
とのご依頼をいただきました。

小さなお子さんで、栗のケーキがお好きとは、なかなかの通ですね〜

今仕込みが終わった栗が、今か今かと出番を待っている我が家の冷蔵庫!
そんなときにぴったりの今日のご注文でした。
e0199245_21213683.jpg


栗の持つシックなブラウンのイメージを壊さないように、全体をブラウンで統一するべく、チョコレートで周りをおおいました。
3つくらい前のブログに載せた、栗のロールケーキをビッグにして、縦にしたバージョンです。

渋皮煮をマロンバタークリームと共に惜しげもなく巻き込み・・・
その上には無糖のクレームシャンティーと栗のシロップ煮、さらにマロンクリームを大胆に絞りました。

裾につけたのは、グラニテを焼いたものです。カリカリとした食感もアクセントになっていると思います。

ベビーシューもお楽しみにつけさせたいただきました。

ろうそくでお祝いしてから、ご家族でケーキを囲んで、フォークを持って一斉にモンブランの山を崩しにかかるのも、おもしろいかもしれませんねえ〜060.gif

お誕生日おめでとうございます!
自宅教室で、タルトを教えてほしい・・との生徒さんのご要望で、どのタルトにしようか悩みましたが、季節柄
こちらのタルトにしてみました。
e0199245_21584872.jpg


林檎のコンポットゥを煮ているときの部屋中に広がる香り、何とも幸せな気持ちになります。
りんごの並べ方がなかなか難しいです。

生地を構成しているパート・シュクレ、クレーム・ダマンドともに、砂糖、卵を数回に分けてそれぞれ80回とか100回とか混ぜるので、皆さん必死で腕を鍛え上げていらっしゃいました!

やっと終わったと思ったら、もうひとつのメニューのパレ・オ・マロン・ショコラ(前ページの)もまたまた!
何十回も混ぜる作業なのでした、、、(笑)

みなさん本当にお疲れさまでしたぁ
美味しいものを作るには体力と根気が必要・・・ということで。
# by kyaracyako-brog | 2010-10-21 22:06 | ケーキ | Comments(0)
パレ・オ・マロン・ショコラ
 丹波栗のシロップ煮をころりと入れた、ショコラとマロン味のしっとりケーキです。
e0199245_14554138.jpg


上にはグラニテをのせて焼いているので、しっとりと かりかりの食感が楽しい!

しかも見た目はふつうのショコラの焼き菓子にみえますが、自家製の栗を入れて作れるのはやはり、この時期だけの贅沢・・・
しかも、チョコレートもペック社のラクテ(ミルクチョコ)とゲアキル(スィートチョコ)を使っっていますので、何とも贅沢なお菓子です。

案外日本茶のお供にいただくのも、お薦めですよ〜
# by kyaracyako-brog | 2010-10-20 15:07 | 焼き菓子 | Comments(0)
丹波栗・・・今年取り寄せたのは、残念ながらイマイチでした。
天候などもかなり影響しているのでしょうか?
昨年も高井戸で超有名な栗園から買って、ものすごく期待していただいてみたのですが、それもイマイチ・・・

自然のものは、いつも同じようにはできないですもんねッ!
ちょっとがっかりですが、せっかく娘息子達にも手伝ってもらって、必死に皮をむいて仕込んだので、大切に使わせて頂くことにしましょう。

まずは、栗の渋皮煮を使って、、、ロールケーキにしました。
e0199245_1118124.jpg


生地はジェノワーズ・ショコラ

巻き込んだクレームは、バタークリームですが、
バターにイタリアンメレンゲを加え、イルプルのパート・ドゥ・マロン(マロンペースト)と合わせています。

そして栗の渋皮煮をたっぷり散らして巻き込んでいます。

表面はガナッシュ・ア・グラッセでコーティング・・・

バタークリームですが、それほど重くなく、しかし十分な満足感、、、コーヒーによく合います。
# by kyaracyako-brog | 2010-10-17 11:31 | ケーキ | Comments(0)
昨晩、友人にご招待して頂き、高円寺『座』に、二木てるみさんの朗読を聞きに行ってきました。
二木さんの「読む」でもない「演じる」でもない、でも心に響く、絶妙な語り口の合間に、チェロとピアノの音色がさらに心に染み入るひとときでした。

今をときめく建築家、伊東豊雄さんの設計による高円寺の『座』も、いつも新宿に行くときに中央線から気になっていた建物でした。外観も独特でしたが、内部もシンプルですが、素敵な空間でした。

忙しい余裕のない毎日ですが、芸術の秋、、、
こうした心の洗濯も、大切ですね!

さて、招待して下さった友人宅に、お礼の気持ちを込めて・・
やはり私も大好きなポンム・ド・テール お届けしました。

e0199245_19412782.jpg


今までにも何度も登場しているケーキですが、なかなかカット面をちゃんと撮る機会がなかったので、、、
真ん中の、バニラビーンズのつぶつぶがみえているのが、土の中の林檎=メークィーンのクレームです。

昔イルプルを知る前までは、ホワイトチョコレートって、ロウみたいな味がして好きになれなかったんです。
しかし、イルプルでペック社のホワイトチョコレート「イボワール」を知ってからは、
このやさしい温かい味がとっても好きになりました!

師のよると、日本の生クリームの単調な味を補うためにこのイボワールを加えるのだそうで、実際イルプルではイボワールを使うお菓子がとっても多いんです。

底の、アーモンドがしっかり感じられるほどにひいて加えたマカロン生地も、これだけでもとっても美味しい
んですが、
このケーキの場合は、トータルバランスで、上から下までご一緒に味わって頂きたいです。
# by kyaracyako-brog | 2010-10-16 20:02 | ケーキ | Comments(0)